grape [グレイプ] trend

貧乏なアルバイトに、高い弁当を奢った店長 続く言葉に涙があふれる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

昔働いていたアルバイト先での出来事を描いた、吉本ユータヌキ(@horahareta13)さん。

エピソードをTwitterへ投稿すると、内容に「胸に刺さった」「グッとくる」などの反響が上がりました。

『バイト先の店長が「ごちそうさま」を通して僕に教えてくれた大切なこと』

アルバイト先の店長は出前を頼むのが日課で、吉本さんも付き合いで頼んでいたそうです。

しかし、当時はお金がなく安い弁当ばかり食べていた吉本さん。すると店長が…。

お金がなく心にも余裕がなかった、吉本さん。お弁当を奢った店長は、吉本さんにこういいます。

「必死に働いたお金でおいしいものを食べられたら、頑張ってよかったなってなるやろ。その気持ちを忘れるなよ」

必死に働き、おいしいものをお腹いっぱいに食べられる喜びを、店長は吉本さんに伝えたかったのでしょう。そして、それは生きる活力になることも教えてくれたのです。

また、「お前に後輩ができたら、次はお前が『嬉しい』って気持ちを教えたってくれよ」とも語っていたという店長。

2人のやりとりに、心動かされた読者は多かったようです。

・ウルっときました。感謝や恩返しが次の世代へつながっていくのって素敵。

・言葉の一つひとつが胸に刺さりました。「この人のために頑張りたい」という気持ちも、働く上で大事ですよね。

・私も経済的に苦しい時、先輩にご飯を奢ってもらったことを思い出した。あの時があるから、今があります。

・自分も、誰かの希望になれる店長のような人間になりたい!

この出来事がきっかけで、「店長へ恩返しするために仕事を頑張りたいと思えた」と語る吉本さん。

店長の優しい心遣いは、空腹も心をも満たしてくれたようですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@horahareta13

Share Tweet LINE コメント

page
top