C・ロナウドがタトゥーを入れない理由 見た目だけでなく信念までイケメン

世界で最も裕福で、最も美しく、最も強いと言われるクラブ、レアル・マドリードで活躍するクリスティアーノ・ロナウド(以下、C・ロナウド)選手。

2015ー2016シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの決勝でも、最後のPKキッカーとして登場し、見事ゴール。クラブを11度目となる欧州チャンピオンに導きました。

サッカー選手がタトゥーを入れるのは当然

サッカー界に限りませんが、ヨーロッパでは日本よりもカジュアルな感覚でタトゥーを入れる人が多くいます。欧州で活躍するサッカー選手も大多数がタトゥーを入れている印象です。

ネイマール選手

(SP)SPAIN-BARCELONA-PARADE

ベッカム元選手(左)
イブラヒモビッチ選手(右)

そんな中、自他共に認めるスーパースター、C・ロナウド選手はタトゥーを一切入れていません。そして、その理由があまりにも男前過ぎると話題になっているのです。

実は多くの国では、主に感染症の予防対策として、タトゥーや刺青を入れた場合、一定の期間は献血が行えないルールになっています(日本では6か月間)。

「(前略)タトゥーは入れていないよ。だって、僕はよく献血に行くから。タトゥーを入れてしまうと一定期間、献血を行うことができないからね」

YAHOO SPORTS ーより和訳

このエピソードがTwitterで拡散され、称賛を集めています。

プレーだけでなく、社会貢献や慈善活動という役割もしっかりと全うするC・ロナウド選手。本当の意味でのスーパースターとは、こういった意識の高い人物のことを言うのかもしれませんね!

出典
cristiano@Ks2S_0603@soccernewtvpYAHOO SPORTS@0513sasaki091@yusuke1f17

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop