grape [グレイプ] society

「気を付けたい」「うちの親も心配」 コロナ禍で60代以上の通販トラブル、過去最多に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2021年9月2日、国民生活センターは2020年度に寄せられた相談のうち、60代以上の通信販売トラブルの件数が、過去最多となる約11万件だったと発表。

これを受け、同センターでは消費者への注意喚起を行いました。

あなたの身の周りは大丈夫?通信販売トラブル

高齢者の通信販売のトラブルが増加した背景として、同センターはコロナ禍による影響が大きいとしています。

契約当事者が60歳以上である相談の内容をみると、コロナ禍で通信販売の利用機会が増えたためか、通信販売に関する相談が増加し、過去最高の相談件数となりました。

国民生活センター ーより引用

コロナ禍によって在宅の時間が増え、ネットショッピングをすることが増えたという人も多いでしょう。

ウェブサイトでは実際にあった事例を紹介し、注意を呼びかけています。

【事例1】当選金を受け取れる手続きとして電子マネーを購入し個人情報を伝えてしまった

【事例2】定期購入のサプリを解約したいが、無料メッセージアプリの手続きがうまくいかない

【事例3】曽祖父が携帯電話の調子が悪いため店舗に行ったら、最新型のスマホを契約していた

国民生活センター ーより引用

中には、「ネットで栄養補助食品の定期購入を申し込み、多額の代金を請求された」というケースも。

ネット上では、高齢の親を持つ人などから「親がスマートフォンの操作に慣れていないので気を付けたい」「時々電話をして、トラブルがないか聞いてみようと思う」など声が上がっています。

高齢者の消費者トラブルを防ぐために

同センターでは、高齢者の消費者トラブルを防ぐため、以下のようなチェックシートを公開中。

また、困った時は消費者ホットライン『188(いやや!)』番へ相談をするのも1つの手でしょう。周囲の人が十分に気を配り、消費者トラブルから身を守っていきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
国民生活センター@kokusen_ncac

Share Tweet LINE コメント

page
top