grape [グレイプ] trend

猫の形に刈り込まれた巨大な木 これって本物? 「素晴らしい」「涙が出た」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:The Topiary Cat

西洋の庭園でよく見られるトピアリー。トピアリーとは、木を動物や幾何学模様など、さまざまな形に刈り込んだ作品です。

イギリスに、ユニークなトピアリー制作で知られる男性がいます。

アーティストのリチャード・サンダースさんが作るのは、猫の形のトピアリー。

そんなリチャードさんの作品は、私たちの想像を超えるものなのです。

美しい庭園で湖の水を飲んでいる、大きな猫のトピアリー。

モデルになっているのは、リチャードさんの愛猫のトリーです。

こんなに巨大なトピアリーを一体どうやって作ったのか、疑問に思う人も多いはず。

実は、このトピアリーは実在しません。これは、リチャードさんが作ったアート作品なのです。

リチャードさんは、最初に作った作品を写真共有サイトに載せました。

すると拡散されて、たちまち人気が出たのだそう。

その反響を受けて、彼は『The Topiary Cat(トピアリー・キャット)』というFacebookアカウントを作成しました。

そこで自分の作品を投稿し始めると、訪れる人がどんどん増え、2021年11月現在、4万人以上がフォローしています。

しかし、悲劇は突然訪れました。最愛のトリーが2016年に亡くなったのです。

悲しみに打ちひしがれたリチャードさんは、もうトリーをモデルにしたトピアリーアートの制作を止めようと思ったのだとか。

ところがその時、多くのFacebookのフォロワーから「ぜひ続けてほしい」と励まされ、彼は作品を作り続けることにしました。

あまりにリアルな出来栄えから、トピアリーが本物だと信じる人もいて、「行ってみたいのですが、この場所はどこですか?」という問い合わせも多いのだとか。

そんな『The Topiary Cat』の作品には、猫好きの人たちからたくさんのコメントが寄せられています。

・見ているだけで癒される。言葉にならないくらい素晴らしいよ。

・これらが本物だったらいいのに!美しくて魔法のようだわ。

・天国へ行った私の猫を思い出して、涙が出た。

たとえ実在しなくても、「こんな場所があったら行ってみたいな」と夢が広がりますね。

リチャードさんの作品が見る人の心を打つのは、彼のトリーへの愛情が伝わるからではないでしょうか。

天国へ旅立った後も、トリーはいつでも作品の中で生き続け、リチャードさんのそばにいます。

もっといろいろな作品が見たい人は、『The Topiary Cat』のFacebookをのぞいてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

出典
The Topiary CatThe Topiary Cat

Share Tweet LINE コメント

page
top