grape [グレイプ] trend

街で見かけた店の案内図が『強い』と話題に 「すごすぎる」「かっけぇ!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

京都府京都市にある、京都駅付近で撮影した写真をTwitterに投稿したのは、太陽院りすか(@TVdaiyou)さん。

写っているのは、一見ありふれたテナントの案内図です。しかし、投稿者さんはこの案内図を見て「かっこよすぎる!」と胸が熱くなったのだとか。

案内図には、各フロアに入っているテナントの店舗目が表示されています。そんな中、1つだけ異色な店舗があったのです!

地下1階と1階に入っているのは…ファストフード店『マクドナルド』!

しかし、案内図には『M』の一文字しか表示されておらず、ほかのテナントと同様に店舗名がしっかりと書かれていません。

それでもほとんどの人が「この店はマクドナルドか!」と理解できるのは、すごいとしかいいようがないでしょう。

投稿は拡散され、案内図を見た人たちから反響が上がりました。

・すごすぎる。上にある『一瞬』よりも一瞬で分かるっていう…。

・かっけえ!ブランドに対する強い自信を感じる。

・自分もここを通るたびに「すごいなぁ」と思った!

ちなみに、マクドナルドのロゴの『M』はアルファベットではなく、シカゴ第1店舗にあった大きな黄色いアーチ(通称:ゴールデンアーチ)の形状がモチーフなのだとか。

ですが、大半の人は店の名前の頭文字である、アルファベットの『M』として認識していることでしょう。

たったの1文字で理解させるために、これまで『マクドナルド』がどれだけの努力をしてきたのかを考えると、投稿者さん同様に「かっこいい!」といわざるを得ませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@TVdaiyou

Share Tweet LINE コメント

page
top