grape [グレイプ] lifestyle

ニューバランス『2002R』はナゼ人気なのか?ゴアテックスモデルを検証してみると…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

皆さんはニューバランス『2002』というモデルをご存じですか。

オリジナルは、2010年に発売された『MR2002』。クラシックなモデルと、ハイテクモデルの狭間にあったといってもいい2010年という時代に生まれた『2002』の評価は、決して万人受けするものではありませんでした。

一部ファンの間では「名作だ」と評価されていた一方、一般ユーザーの中には「これのどこがカッコイイの?」といった声も…。

※写真はイメージ

そんな中ファンの間で復刻が熱望され、2020年秋に『MR2002』をベースにした『2002R』が発売され、大人気に!

なぜ、マニアックなモデルだった『2002』が、多くの支持を集める人気モデルになったのか…編集長が自腹で購入した『M2002RXA』を元に徹底紹介します。

Amazonで見る

ニューバランス『2002R』が人気な理由

2020年に復刻された『2002R』シリーズ。

そのゴアテックス搭載モデルとして、2022年7月に発売されたのが『M2002RXA』です。

※側面に『2002R』の刻印と、『GORE-TEX』のピスネームが付く

アッパーの素材は、上質なピッグスキンヌバックとメッシュのコンビネーション。

カラーの表記はグレーですが、あえてアタリを出しているため、グレーのようなネイビーのような、なんともいえないカラーに仕上がっています。

Amazonで見る

ミッドソールには『N ERGY(エナジー)』と『ABZORB(アブゾーブ)』を搭載

ミッドソールには、オリジナルの『MR2002』が発売された時代にはなかった『N ERGY(エナジー)』『ABZORB(アブゾーブ)』を搭載。

高い衝撃吸収性に加え、反発性を持つハイブリッドな一足に仕上がっています。

アジア製で高いコストパフォーマンスを実現

『M2002RXA』はゴアテックス搭載モデルのため、定価は2万4200円(税込)と2万円オーバーですが、ゴアテックス非搭載モデルの『2002R』は2万円以下が主流。

低価格の理由は、アジア製という点にあります。

※『M2002RXA』はベトナム製

アジア製というと「質が悪い」といったイメージを持つ人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

フラッグシップモデルとして発売されたオリジナルの『MR2002』がUSA製で定価が3~4万円もしたことを考えれば、『2002R』は「コストパフォーマンスの高いモデル」といえるでしょう!

クッションが厚めでフィット感が強め

好みもあるため一概にはいえませんが、サイズは通常サイズ+0.5cmがオススメです。

※いつもは28cmを履いている編集長も『2002R』は28.5cmを着用

理由は、ベロや足首回りのクッションが厚めだから。

さらにウイズがDということもあり、試着した際に「少しきつい」と感じる人が多いようです。SNSなどでも「『2002R』はワンサイズアップ」といった意見が上がっていました。

ただし、着用感は人によって異なるため、「ワンサイズアップ」はあくまでも参考程度と考えてください。

Amazonで見る

ディテールも『2002R』の人気の理由

ほかにもインソールに『GORE-TEX』のロゴが入ったり、アウトソールのつま先に『N』マークが入ったりとディテールにもこだわったデザインが魅力。

スエード部分だけでなく、メッシュ部分にもアタリを出すなど、細かな仕掛けが施されています。

中にはスティーブン・ジョブズも愛したといわれる「『991』にアッパーのデザインが似ている」といった声も!

『2002R』は、カラーや素材の加工など、さまざまなモデルが発売されているので、気になるモデルはAmazonでご覧ください。

国内では完売しているモデルも、並行輸入を扱うAmazonなら購入できるかもしれませんよ!

Amazonで見る

ニューバランスの記事はほかにも!

定番の『574』や『996』の徹底検証レポートや人気の『2002R』の詳細記事が気になる方はこちらもどうぞ!


[文・構成/grape編集部]

出典
AmazonNew Balance

Share Tweet LINE コメント

page
top