grape [グレイプ] trend

北海道にあった信号機 縦型だけではない特徴に「なんかかっこいい!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本の車道には、いたるところに信号機が設置されています。

多くは横型。一方、北国では縦型が一般的で、雪が積もりにくいように対策が行われているのです。

Nuno Hokkaido(@TNHokkaido)さんは、北海道札幌市で目にした信号機が気になりました。

雪が積もる北海道であれば、縦型の信号機が設置されているもの。

しかしNunoさんが見たのは、単に縦型というだけではなく…。

点灯する部分を覆うように、透明のカバーも設置されていたのです!

豪雪だけでなく、吹雪もある地域では、縦型であったとしても点灯する部分に雪が積もり、運転者が見えづらくなることがあります。

とはいえ、Nunoさんによると、札幌市内のすべての信号機にカバーが設置されていたわけではない様子。

写真のように、カバーが設置されていない信号機もあったのです。

信号機は、運転者がはっきりと確認できる状態でなければなりません。

カバーが付いた信号機はネットを通じて注目を浴び、「知らなかった」「未来のような光景」といった反響を呼びました。

雪国では、その地域ならではの対策を行い、人々が安心して暮らせるようにしているのでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@TNHokkaido

Share Tweet LINE コメント

page
top