grape [グレイプ] lifestyle

水垢がこびり付いた電気ポット 清掃業者のアドバイスに「ごっそり取れた」

By - COLLY  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

電気ポットに水を注いでいる様子

※写真はイメージ

手軽にお湯を沸かせる『電気ポット』。毎日のように使う人の場合、「掃除をするタイミングがない…」と悩んでいませんか。

常に水が入っている電気ポットは、長期間使うことで『水あか』がたまるため、定期的な掃除が大切です。

本記事ではおそうじ本舗公式アカウント(osoujihonpo_official)のInstagramに掲載されている、電気ポットのお手入れ方法を紹介します。

電気ポットは内側の掃除が大切

電気ポットの内側には、カルキやミネラルウォーターに含まれる『ミネラル分』が付着します。これが乾燥して結晶化すると、目に見える『白い水あか』となるのです。

水あかはアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤で中和させて落としましょう。おすすめなのが、さまざまな掃除で活躍する『クエン酸』です。まず以下のアイテムを用意してください。

・クエン酸…大さじ1
・水…1ℓ
※容量が多い電気ポットの場合は、満水になる量を用意

電気ポットに水を満水になるまで入れ、クエン酸を入れてから沸騰させます。電気ポットの水が沸騰したら、保温のまま2〜3時間放置しましょう。

時間が経ったらポットの中の水を捨て、流水ですすいだら完了です。ポット内に水あかが残っているようであれば、食器洗い用スポンジで優しく汚れをこすりましょう。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

外側の汚れには『アルカリ電解水』が最適

電気ポットの外側には、飲み物の飛び跳ねやホコリ、手あかなどが付着しています。置いている場所によっては、油汚れが付いていることもあるでしょう。

それらの汚れにおすすめなのが、100円ショップでも手に入る『アルカリ電解水』です。

アルカリ電解水を吹きかけたキッチンペーパーで、電気ポットの外側を拭きましょう。細かい部分は、歯ブラシを使って汚れをかき出します。

意外と汚れているのが、ポットの注ぎ口です。キッチンペーパーにアルカリ電解水を染み込ませ、注ぎ口とその周辺をしっかりと拭いてください。

電気ポットのお手入れは、1〜2か月に1回が理想です。キッチンにカレンダーやメモを置いている場合は、お手入れの日程を書き込んでおくと忘れずに済むでしょう。

定期的にお手入れでポットの清潔を保ち、おいしい一杯を楽しんでください。


[文・構成/grape編集部]

出典
osoujihonpo_official

Share Post LINE はてな コメント

page
top