grape [グレイプ]

「病気だから安楽死させて」 猫の命を救う決断をした獣医師に称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:reddit

下アゴの2本の歯が特徴的な猫のファング。膀胱の病気を患い、飼い主に連れられて動物病院にやって来ました。

22122_01

出典:reddit

しかし、飼い主にファングを治療する意志はありませんでした。そして、こんな希望を獣医師に告げたのです。

「ファングは病気だから安楽死させてほしい」

飼い主の希望であっても、獣医師は安楽死を受け入れることができませんでした。なぜなら、ファングは治療すれば、また元気に生活できる可能性が十分にあったからです。

そして、この獣医師は重大な決断を下します。ファングを病院で引き取り、治療をしながら面倒を見ることにしたのです。

膀胱だけではないファングの問題

獣医師はすぐにファングの治療を行いました。結石ができているだけだったため、数日の食事制限で、膀胱は完治しました。

しかし、本当の問題はファングの左目にありました。重度の感染症で、もう手の施しようがない状態だったのです。

獣医師はやむを得ず、眼球を摘出します。

22122_02

出典:reddit

飼い主にも見捨てられ、左目まで失ってしまったファング。「あまりにも可哀想で見ていられなかった」と獣医師は後に語っています。

ファングにとって運命の出会いが訪れる

不幸のどん底にいるかのように思えるファングに、ある運命の出会いが訪れます。

ファングの暮らす動物病院を、ある夫婦が職場で飼っているペットの治療のために訪れます。そこで、その夫婦とファングが初めて出会ったのです。

22122_03

出典:reddit

普段、決して人懐っこい猫ではなかったというファングが、その夫婦にはすぐ懐き、あとをついて歩き回るほどだったとか。

そんなファングに心奪われた夫婦は、ファングのことが忘れられなくなり、頻繁に病院を訪れるようになります。そして、ファングの身の上に起こった出来事を獣医師から聞くことになります。

「ファングをうちに家族として引き取らせてくれないか?」

ある日、病院を訪れた夫婦は、獣医師にこう告げたと言います。獣医師はこれまでのコミュニケーションの中で、この夫婦に「責任感」と「優しさ」を感じていました。

そして、「この人たちなら、きっとファングを幸せにしてくれるはず」と、この申し出を快諾します。

夫婦の協力を得て少しずつ生活に慣れていく

夫婦の家に来たファング。左目を失ってしまったこともあり、最初は新しい家に慣れることができず、戸惑ってしまうこともあったそうです。

しかし、夫婦の献身的な協力を得て、少しずつ慣れていったというファング。今では、心なしか表情も幸せそうに見えます。

22122_05

出典:reddit

夫婦はファングについてこう語っています。

「ファングはまだ左目だけの生活に慣れておらず、私たちの支えを必要としています。まだ乗り越えなければならないこともあるでしょう。でもファングがいつも健康で、そして幸せであることに変わりはありません」

ファングは、残念ながら一度、飼い主に見捨てられてしまいました。また、病気で左目も失っています。

22122_04

出典:reddit

それでも、ファングを献身的に治療し、面倒を見てくれた獣医師や、ファングを心から愛し、支えたいと願う新しい飼い主と出会うことができました。

ファング、これからも大好きな飼い主さんと健康で、幸せな日々が過ごせるといいね!

出典
reddit

Share Tweet LINE コメント

page
top