grape [グレイプ] trend

水のように透き通った珍しいうちわ 伝統を感じる『水うちわ』が美しい

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:家田紙工 株式会社

半透明の面(おもて)が美しい『水うちわ』は、120年前に誕生した岐阜の伝統工芸品です。

22213_01

見た目が透けていることや、昔は水につけて気化熱で涼むという方法で涼をとったことから、「水うちわ」と呼ばれているそうです。

また、透明な水のような見た目からその名がついたという説もあります。

熟練の伝統技術がつめこまれた作品

実は、作り手の減少により一時生産が途絶えてしまったことがある『水うちわ』。しかしその後、地域の若者とうちわ職人さんたちの手により見事復活を遂げました。

今でも伝統的な技術を継承して、手間暇かけてつくられています。

22213_02

伝統工芸士の手によって漉かれた和紙に…

22213_03

一つひとつ手作業で模様をすりこんでいきます。

22213_04

竹で出来た骨に和紙を貼り付けた後は、もう一手間。水うちわ最大の特徴でもある透明感を出すための作業を行います。

天然のニスを塗ることにより、つるりとした透明感と、水に濡れても破れない強さが出るのです。

22213_05

近くで見ると、和紙とは思えない透明感なのがわかります。

22213_12

涼やかな見た目に魅了される

手間暇かけてつくられた水うちわは、一般的なうちわにくらべてお値段も7000円〜とお高めです。しかし、デザイン性のある豊富な種類に、いくつも集めてコレクションしたくなります。

22213_06

出典:家田紙工

22213_07

出典:家田紙工

22213_09

出典:家田紙工

22213_10

出典:家田紙工

22213_11

出典:家田紙工

なお、今回写真をご提供いただいた家田紙工さんの水うちわは、小売店舗・オンラインショップ等から購入できます。

日本の和の心を感じられる水うちわで、涼を演出してみてはいかがですか?

出典
家田紙工 株式会社coton_dream

Share Tweet LINE コメント

page
top