grape [グレイプ]

ダッカ人質事件 日本人1人救出も残り7人は安否不明 政府筋「厳しい見通し」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本時間2016年7月2日未明、バングラデシュで起こったダッカ人質事件。

当初、店内に日本人がいるかどうかは不明とされていましたが、結果的には8人の日本人が居合わせ、襲撃事件に巻き込まれていました。

治安部隊の突入で日本人1人を救出

バングラディッシュの治安部隊の突入により、飲食店に立てこもっていた武装集団を制圧。日本人男性1人を含む13人が救出されました。

救出されたこの日本人男性は、残りの7人と共に人質事件の現場となった飲食店に入店。事件発生時、たまたま席を立っていたため、ほかの7人がどうなったかについては把握できていないそうです。

また、救出された男性は被弾していたようですが、命に関わる状態ではないとのこと。日本大使館職員の聞き取りにも応じています。

しかし、日本政府も、残りの日本人の安否についてはまだ確認ができていないようです。政府筋は残り7人の安否について「厳しい見通しを持っている」と述べたとの報道もありました。

萩生田光一官房副長官は「引き続き、残り7人の安否確認を急ぐ」と語っています。

安否が確認できていない方々の無事を願います。

出典
本政府は情報収集に全力 安倍総理は選挙遊説中止(16/07/02)

Share Tweet LINE コメント

page
top