grape [グレイプ]

深い悲しみに沈む1匹の犬 その心に寄り添ったのは1羽のアヒルでした

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

アメリカ・テネシー州に住む、リットンさんの飼い犬、ジョージは深い悲しみを抱えていました。

それは12年連れ添ったラブラドール犬・ブラッキーのこと。ジョージの最愛のブラッキーは、2年前に天国へ旅立っていったのです。

飼い主のリットンさんは、悲しみを乗り越えてくれることを祈りながら、毎日を寂しげな表情で過ごすジョージを見守っていたそうです。

そんな悲しみに沈むジョージの元へ、1羽のアヒルがやってきました。

どこかで飼われていたのか、どこからやって来たのかも、まったく分からない真っ白なアヒル。

そのアヒルはなにかを感じ取ったのか、気怠げに寝そべるジョージの側に、寄り添うように座り込んだのです。

当初は困惑していたジョージでしたが、くっついて回るアヒルにだんだんと心を許していきます。

リットンさんは、アヒルがとても人に慣れていたので、そのまま家に招き入れることにしました。

するとジョージは、アヒルに自分の寝床を譲ってしまったのだそうです。

それからもアヒルは何をするでもなく、ジョージにただ寄り添うだけ。

しかし、ジョージの表情はだんだんと明るさを取り戻してきたのだそうです。

リットンさんは、アヒルがこの家にいてくれる限り、アヒルの面倒を見続けることにしたそうです。

犬とアヒルの、不思議な心の交流。これからも1匹と1羽の間に流れる優しい時間を見守りたいですね。

出典
Jacquie Litton

Share Tweet LINE コメント

page
top