grape [グレイプ]

日本から、イタリア地震復興を援助できる!?その方法は、伝統料理にあった!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年8月24日、イタリア中部をM6.2の地震が襲いました。特に深刻な被害を受けたのは、ラツィオ州リエーティ県にある町・アマトリーチェ

避暑を目的とした多くの観光客で賑わう街並みは、一瞬にして瓦礫の山と化してしまいました。

23945_02

アマトリーチェの中心部は、石造りの古い建物ばかり。耐震強度の低い建物は次々と崩壊し、今や4分の3が壊滅しています。また、崩壊によって8月27日現在、約160人が亡くなったとのことです。

多くの住人は家を失い、家が無事の住人も余震のせいで家に帰れない…そんな状況が続いているアマトリーチェ。

そういった状況の被災地を支援すべく、イタリアの首都・ローマを中心に『とある支援活動』が広まっています。

伝統料理『アマトリチャーナ』を食べて、被災地支援!

イタリアに住むパオロ・カンパーナさんは24日、ニュースで流れる被災地の映像を見て衝撃を受けました。

「被災地のために、なにができることはないだろうか…」と考えた末、自身のFacebookにこのような投稿をしたのです。

アマトリチャーナを食べて、被災地を助けよう!

アマトリチャーナ』とは、アマトリーチェが発祥のイタリア料理。主に、豚頬肉の塩漬けと羊乳のチーズ、トマトを用いたソースが使われており、伝統料理として長年愛されています。

8月の27日と28日に『第50回アマトリチャーナ祭り』が開催される予定だったものの、今回の地震で中止になってしまいました。

23945_04

そこでパオロさんは、レストランに「アマトリチャーナをメニューに加え、売り上げから寄付しよう」というチャリティー企画を立ち上げることにしたのです。

すると、イタリア中にある700店以上のレストランから、協力の申し出が殺到!またたく間に世界中にも広まり、多くのレストランがチャリティー企画を始めました。

日本でも、チャリティー参加店が続々と!

チャリティーに協力しているお店は、日本中でも増えてきています。SNSでは、『アマトリチャーナ募金活動』への参加を表明する投稿が数多く見られます。

こういった活動に対し、ネット上では「素晴らしい!どんどん参加するお店が増えてほしい」「お客さんもお店も、被災地の方も幸せになれる素敵な企画!」と称賛の声があがっています。

たった数日で全世界の3000店舗が参加している、『アマトリチャーナ募金活動』。今後も、日本各地で続々と参加店が増えていくかもしれませんね!

23945_03

アマトリーチェをはじめとする被災地に、いつか再び美しい街並みが立ち並ぶことを、心から願います。そして被災地の方々に、一刻も早く穏やかな日常が戻りますように…。

出典
@altopascio_h@tono4122curioso_hiroo@Osteria_TiaLocaPaolo Campana

Share Tweet LINE コメント

page
top