grape [グレイプ]

70年続いた上野こども遊園地、「やむを得ず」閉鎖 理由に悲しみの声集まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

上野動物園の隣にある、レトロな遊園地をご存知ですか?1946年に営業開始した『上野こども遊園地』は、70年間変わらぬ姿で上野公園に存在していました。

こじんまりとしていますが、敷地内には子どもが大好きなアトラクションが置かれています。また、遊園地の周囲にお土産屋や、クレープ屋が立ち並んでいるのも魅力です。

世代を超えて愛されてきた、こども遊園地。建物が古くなってきても、上野公園の歴史を感じられる光景として親しまれていたのです。

しかし、そんなこども遊園地に突然終わりが訪れてしまいました。

『上野こども遊園地』閉鎖の理由に、悲しむ人多数…

2016年9月1日、ネットへの投稿をきっかけに、こども遊園地を知る人の間でざわめきが起こります。遊園地の入り口に、こんな看板が現れたからです。

この度、地主である東京都から『動物園の魅力を高めることを目的とした、正門前広場の整備工事』の支障になると許可を取り消されましたので、やむを得ず8月31日(水)をもちまして廃棄いたしました。

看板に書かれていたのは、閉鎖の告知。文面からは、今までの来客への感謝と、閉鎖に対するやりきれない思いが伝わってきます。

「やむを得ず」の理由とは…

正門前広場の整備工事というのは、2009年に立案された『上野恩賜公園再生基本計画』のこと。上野公園の魅力をより向上すべく、現在整備が進められているのです。

『上野恩賜公園再生基本計画』ウェブサイトによると、上野公園の将来像は以下の通り。

  • 日本の顔としてふさわしい文化・芸術があふれている
  • 美しいみどりと水の景観が形成されている
  • 国内外の多くの人々が集い、にぎわっている
上野恩賜公園再生基本計画 ーより引用

2019年を目途に、上野を東京の顔となる文化・観光の拠点として、より魅力ある公園に再生させる目標があるそうです。

おそらく、来たる2020年の東京オリンピックも関係しているのでしょう。海外から訪れる人たちに東京をアピールすべく、近代的な外観を目指しているのかもしれません。

  • 『魅力を高めるため』って…あの遊園地の魅力がわからないの!?
  • 確かに古かったけど、こんな終わり方ってないよ…。悲しすぎる
  • レトロな場所って、外国人にも人気あると思うんだけど
  • こういう計画、1964年の東京オリンピックの前を思い出すな
  • 『昭和』が、またひとつ消えた…

ネットでは、遊園地の閉鎖を惜しむ声が多数上がっていました。

なくなってしまったのは残念ですが、たくさんの人の心の中に思い出は残り続けるはずです。70年間、本当にありがとうございました。

出典
@r_rhythmegg@YU_TA_bon_dance上野恩賜公園再生基本計画

Share Tweet LINE コメント

page
top