grape [グレイプ]

昭和生まれ「うおぉー懐かしい!」最近の子「なにこれ?」なテーブルに昔話が盛り上がる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

20歳以下の人たちには、何この不思議な物体?と疑問を持たれてしまいそうな、昭和の遺物カセットテープ。

1990年ごろまでは、音楽を録音する媒体と言えば、このカセットテープが主役でした。

25523_01

六角形の鉛筆でテープを巻いたり、A面B面と裏返して使ったり、お気に入りの曲を繰り返して聞いているとテープが伸びてしまって不思議な音楽になったり…と数々の思い出が甦ってきます。

そんなレトロを感じさせるアイテムが、なんとコーヒーテーブルとなって復活!

Tayblesさん(@taybles)が投稿した写真 -

あまりにも懐かしさを感じさせるフォルムが、昭和生まれを中心に話題になっています。

意外と使い勝手がよさそう

このカセットテープ型コーヒーテーブルを作ったのは、アメリカを拠点に活動するグラフィティアーティストのジャスティン・ナンフェルトと、テイラー・カルメス、ザック兄弟の三人。

Tayblesさん(@taybles)が投稿した写真 -

ノスタルジックな作品にするだけでなく、家具としての機能性も追求しており、テープ部分を開くと、ちょっとした小物を入れることもできます。

Tayblesさん(@taybles)が投稿した写真 -

さらに、テープを巻き取る場所が、カップホルダーになっていたり、青白く光り輝いたりと、面白い機能がついています。

Tayblesさん(@taybles)が投稿した写真 -

このテーブルを囲んでお酒なんて飲もうものなら、「おススメの曲が60分じゃ入り切らないよ」とか、「録音中に話しかけるのやめほしいよね!」とか、昔ばなしに花が咲きそうです。

レトロ感あふれるカセットテープ型コーヒーテーブルが欲しくなってしまった方は、Etsyの214Graffitiをチェックしてみてくださいね!

出典
Original Cassette Tape Coffee Table by TAYBLESInstagram

Share Tweet LINE コメント

page
top