grape [グレイプ]

達人による「鎖鎌 vs 刀」の迫真の演武! まさかこんなに強かったとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

大阪の阿倍野(あべの)で毎年行われている『西日本古武道大会』での一幕。達人による、迫力ある鎖鎌と刀の演武をご紹介します。

鎖鎌とは、農耕具である草刈り鎌に鎖と分銅をつけ、武器として発展させた特殊なもの。

宮本武蔵の伝記である『二天記』に登場する、『宍戸(ししど)』が使っていた武器というのがもっとも有名な話でしょう。

そんな鎖鎌と刀が戦ったらどのようになるのか…その演武をご覧ください!

分銅が腕に当たり、重く大きな音を立てます。演武なので怪我がないように配慮されていますが、本物の分銅だったらと思うとぞっとします。

26328_02

出典:YouTube

相手の刀に鎖を巻きつけて奪ったり、時に近づいて鎌を振るいます。二刀流である宮本武蔵との戦いを考えた演武も。

26328_03

出典:YouTube

26328_04

出典:YouTube

鎖鎌を見ただけでは戦いにくそうというイメージでしたが、実際に達人が使うとこのように強力な武器になるのですね。おみそれいたしました!

出典
Nito Shinkage Ryu Kusarigama Jutsu 二刀神影流鎖鎌術

Share Tweet LINE コメント

page
top