受験生「受験なのに宿がない!」 JR九州がとった対応がかっこいい!

2017年2月25日〜26日、国公立大学の一般入試(前期日程)が行われます。

遠方からやって来る受験生は試験場近くに宿を取り、当日に備えるのが一般的。しかし、福岡に向かう受験生から「宿が取れない!」と悲鳴があがっています。

福岡が大変なことに

試験当日の福岡は、受験以外にも大規模イベントが集中するという異例の事態。

2月24日〜26日は、『三代目 J Soul Brothers』のライブツアー、25日〜26日は、『RADWIMPS』のライブが福岡市内で開催予定。また、薬剤師国家試験も同日に行われるため、福岡市周辺の宿が軒並み満室になってしまっているのです。

ホテル難民となってしまった国公立大学の受験生からは「宿泊場所が見つからない」「残っているのは高い部屋ばかり…」と悲鳴が上がっていました。

「まかせろ!」と立ち上がった企業

今回の宿不足問題を受け、大人たちが受験生の救済に乗り出しています。

JR九州は、2017年2月24日〜26日の3日間、受験生を対象に『JR九州吉塚寮』を無償提供すると発表。

利用にあたり、受験票の確認と、入退館に必要なICカード『SUGOCA』の事前登録が義務付けられているものの、布団や机、いすなどは無償で提供されます。

申込期限は2月16日(木)16時まで。詳細な申込方法はJR九州のニュースリリースに記載されています。

JR九州以外にも無償で宿を提供する企業

同様に、株式会社三好不動産も、同社が管理している九州大学生専用の学生向けマンション『九州大学前学生寮』を無償提供すると発表しています。

こちらも申込には、受験票の写し(または写真)が必要。先着20組限定で、詳細な申込方法は、専用HPに記載されています。

他にも、福岡市が『宿泊相談ホットライン』を開設し、ホテル難民の受験生に活用を呼びかけています。

今回の対応に称賛の声

今回の宿不足を受けた各企業の対応に、多くの人から称賛の声が上がっています。

  • がんばれ受験生、みんな応援しているぞ!
  • これぞ助け合いの精神。
  • JR九州、有能。
  • 福岡は前からホテル不足と言われていたのに…。支援があって本当によかった!

受験生の負担を減らすため、いち早く立ち上がった企業側には頭が下がる思いです。何より、受験生のみなさんが全力を出し切れることを願うばかりです!


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop