grape [グレイプ]

「もう助からない」路地裏で保護されたボロボロの猫、驚異の変化を遂げる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

仕事が終わると、電車に乗って動物病院に通い始めたレイチェルさん。多額の治療費を払い、ジョン・スノーのための生活が始まります。

そんな中、点滴や抗生物質で治療を受けていたジョン・スノーに、変化が現れるようになりました。

病院に搬送された頃は、食事もできないほど弱っていたジョ・スノー。しかし、徐々にご飯を食べられるようになったのです。

ガラスに書かれているのは「早く元気になってね!」というレイチェルさんからのメッセージ。彼女の気持ちが、元気を与えたのかもしれません。

日に日にジョン・スノーは元気を取り戻していきました。

一時は「もう長くない」と言われていたにも関わらず、驚異的に回復していく姿に医師たちは驚いたそうです。

回復したジョン・スノーは今

病院に搬送されて約1週間後、ジョン・スノーは無事に退院!現在はレイチェルさんの家で生活しています。

家の中を走り回り、オモチャで楽しそうに遊ぶ姿は、まるで生まれ変わったかのよう。

毛も生え変わり、ボロボロだった肌や目もすっかりキレイになりました。

現在ジョン・スノーは、レイチェルさんや温かい家族に囲まれ、毎日幸せに暮らしています。

もしあの時レイチェルさんが『0.1%の可能性』に賭けていなければ、運命は大きく変わっていたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Jon Snow's Anorexia & Infections by Rachel Brown - GoFundMeJon Snow Kitty Updates

Share Tweet LINE コメント

page
top