grape [グレイプ]

ドラマのような試合に会場中が大興奮 「滅多に観られない」との声も

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2017年5月6日に行われた、Bリーグ(バスケットボールリーグ)の試合で、見る者すべての心を熱くするドラマがありました。

試合終了まで残り2秒

それは、新潟アルビレックスBB VS 横浜ビー・コルセアーズの試合での出来事でした。

試合終了まで残り時間2秒を切ったところで、両チームとも得点が並ぶという手に汗握る展開に。

このまま延長戦に持ち越しか…!

試合の行方を見守る観客だけでなく、選手たちですらそう感じていたに違いありません。

しかし次の瞬間、試合は劇的な展開を迎えます。

試合終了まで1秒を切った直後、新潟アルビレックスBBの五十嵐圭選手がロングシュート!

ゲーム終了のブザーとほぼ同時にゴールが決まり、劇的な『ブザービーター』を目の当たりにした観客は大興奮。

会場はブザーの音をかき消すほどの歓声に包まれました。

※ブザービーター:放たれたボールが空中にある間に、試合の残り時間が0となり、かつゴールが決まること。

試合終了まで残り1秒、決勝点、超ロングシュート、ブザービーター…ドラマか漫画のような展開に、ネット上では熱いメッセージが飛び交っています。

  • すげぇ!何このドラマみたいな試合展開。鳥肌が立った。
  • こんなブザービーターは、滅多に観ないよ。
  • これを機に、バスケに興味を持ってほしい!こんなに面白いんだよー!!
  • Bリーグの歴史に残る、名シーンですね。

最後まで勝利を諦めなかった五十嵐選手の強い思いが届いた名プレー。これからも、多くの人の記憶に残り続けるに違いありません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@B_LEAGUE

Share Tweet LINE コメント

page
top