あの時もし? 『異音』に気付いて目を覚まし、玄関を見た瞬間に「怖すぎ!」

Twitterで話題になっている「#夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください」というハッシュタグ。

そこに投稿された『怖ろしい体験談』に、注目が集まっています。

夏の夜に家で寝ていると?

初めての一人暮らしで、当時はこんな間取りの部屋に住んでいたという、ともにゃ(@tomogna)さん。

どこにでもあるような間取りの1Kの物件です。

が!!!

暑い夏のある日、自宅で寝ていた女性はゾッとするような体験をしたのです。

台所の小窓から身を乗り出した男がチェーンを外そうとしていた!!!

この怖ろしい体験を振り返り、こう語った投稿者さん。

確かに「チェーンが外されていたら」と考えると、背筋が凍ります。

この不審者は投稿者さんが目覚め、電気をつけたため、すぐに逃げたとのこと。

この非常に怖い体験に、多くのコメントが寄せられました。

  • 本当に戸締りは大切。「ここなら平気でしょ」という油断が命取りになることもあるので、注意しなければならないと感じました。
  • まさか小窓から侵入しようとする人がいるとは。自分も気を付けます。
  • よくあるクレセント錠は、外からでもレバーの向きが分かるので注意が必要ですよね。

ちなみに、コメントにあったクレセント錠とは、こういったタイプのカギのこと。

多くの物件で使用されている一般的なカギです。

暑い日が続くと、窓を開けて換気をしたくなります。「エアコンの冷気が苦手だ」という人などは、窓を開けたまま寝てしまうことも多いでしょう。

しかし、どんなに小さな窓でも、悪いことを考える人にとっては侵入経路になり得ます。

「これぐらいなら大丈夫だろう」と油断するのではなく、「もしかしたら入ってくるかもしれない」と考え、日ごろから防犯意識を高めておく必要がありそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@tomogna

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop