「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」 母の死後も続く日常、そのとき僕は

©宮川さとし/新潮社

2017年8月29日のニッポン放送のラジオ『土屋礼央 レオなるど』に、漫画家の宮川サトシさんが出演しました。

宮川さんは2012年に漫画家としてギャグ漫画でデビュー。2013年にウェブサイトで連載したエッセイ漫画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が大きな話題となりました。

現在は『情熱大陸への執拗な情熱』を連載中です。

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は宮川さんとお母さんとの思い出をつづった物語です。

飾らずにありのままを描いた作品は、多くの人の心に届きました。

「自分の母だけは絶対に死なないと思い込んでいた。」

お母さんの死後も淡々と続いていく日常の中で、宮川さんが発見したこととは、なんだったのでしょうか。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 第1話

出典
©宮川さとし/新潮社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop