grape [グレイプ]

埼玉県、猫虐待事件を描いた映像 静かな物語から伝わる悲惨さ

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2017年8月、埼玉県の税理士が動物愛護法違反の罪で逮捕されました。

容疑者は2016年から2017年にかけて、ワナをしかけるなどして猫を捕獲。むごい方法で複数の猫を虐待し、殺害しました。しかも、その虐待の様子を動画に収めてネット上にアップロードし、公開していたのです。

あまりにも残虐性の高い事件でしたが、動物愛護法違反の罪は罰金刑にしか処せられません。

また、懲役刑が課された場合でも判例では執行猶予が付いたケースが多く、更生の機会が与えられないのです。

実刑を求め、署名が集まる

容疑者は処罰が罰金刑のみであると知った上で、虐待を繰り返していた可能性があります。

今回の事件に胸を痛めた人々は、「容疑者に執行猶予の付かない懲役刑を」と、署名活動を行っています。

罰金刑のみでは再犯の可能性が高く、同じような悲惨な事件が繰り返されてしまうおそれがあるのです。

「この事件を知らない人に」と、事件の概要を描いた映像が公開されました。2016年6月ごろに虐待された猫のエピソードです。

優しいタッチのイラストで構成されていますが、事件の残虐さがありありと描かれています。

容疑者の初公判は、10月中旬ごろの予定です。

それまでに、より多くの署名を集めるべく呼びかけが行われています。

今回の事件に怒りをおぼえる人々の思いは、届くのでしょうか。ずーシャキさんが挙げている、署名の送付先は以下のとおりです。


[文・構成/grape編集部]

出典
【あの猫たちを忘れない】ずーシャキの猫とかブログ

Share Tweet LINE