「家事の負担を減らそう」 妻のために『あるモノ』を買った夫へ、称賛の嵐!

※写真はイメージ

漫画『ぼくの嫁の乱暴な愛情』の原作者である、5歳(@meer_kato)さん。

妻のことを考えて行動した結果をTwitterに投稿し、注目を集めました。

家事が簡単に済めば、笑顔になれる

結婚生活7年目の、5歳さん夫婦。夫である5歳さんは、妻の精神状態が乱れていることを心配していました。

原因をいろいろと考えた結果、「妻の、家事の負担を軽くしよう」と思いつき、『あるモノ』を買います。

夫が購入したもの…それは、食器洗い機(以下、食洗機)!

食洗機が本当に妻の助けになるのか、様子をうかがう夫でしたが、目に見えて変化がありました。

今日の妻は、笑顔だーーー!

妻の精神状態が、劇的に改善されていったのです!

家事の負担が減って、家庭内が明るくなる…まさに、食洗機マジック!

夫は、円満な夫婦生活に足りなかったものを確信します。それは、愛でも、感謝の言葉でもありません。

僕たちの結婚生活に足りなかったのは、食洗機でした。

生活を楽にしてくれる家電製品は、日常にあふれています。洗濯機や掃除機は、多くの家庭にあるでしょう。

しかし、食洗機は後回しにしてしまいがちです。

家族の、3食分の食器を洗うとなったら、意外とたくさんあって時間を取られます。「朝洗ったのに、もうお昼の分を洗うのか」と感じる主婦も多いとか。

妻のために食洗機を購入した夫に、多くのコメントが寄せられています。

  • 神器級の食洗機、万歳!
  • 我が家も食洗機と乾燥機を導入して、精神が安定しました!
  • 欧米での普及率を考えたら、どれほど便利な物か分かるよ。
  • 食洗機は、ガチで生活変わります。

賛同が多い一方で、「夫が洗えばいい」というコメントも寄せられたそうです。この意見に対し、5歳さんは『食洗機の利点』を次のように語っています。

夫が食器を洗った場合、妻が「家事をお互いにするのは当たり前」と思えず、「夫に家事を任せている」と後ろめたく感じる可能性も。

誰かが食器を洗うより、食洗機に任せてしまうほうが、「感謝の言葉をいわないと」「今日は任せちゃったから明日は私がやらなきゃ」と、ヘンに構えることがなくなって楽になります。

最初にお金はかかりますが、毎日を笑顔で暮らせる価値を考えたら、かけてもいい経費だといえるでしょう。

5歳さんの姿勢を見習おうとする人たちが続出し、夫婦間の問題を見つめ合おうとする、いい影響が広まっています。

※記事中の写真はすべてイメージ


[文・構成/grape編集部]

出典
@meer_kato

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop