grape [グレイプ]

「自分の仮装は、なんだろう」片足を失ったアスリートのハロウィンに、絶賛の嵐

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

パラリンピックで活躍する、ジョシュ・サンキストさん。スキー選手である彼は、9歳のころに、骨のガンで片足を失いました。

サンキストさんは、片足であることを活かしたハロウィンの仮装を、2010年から毎年公開して、多くの人を楽しませています。

最初の年に制作したコスチュームは、可愛らしいジンジャーブレッド!

購入したコスチュームの片足を加工して、自分だけの衣装を作りました。

友達とハロウィンパーティに出かけるため、ほんの軽い気持ちで始めた仮装だったのですが、翌年も仮装の写真をウェブサイトで公開すると、瞬く間に注目を集めました。

私が用意した道でも、両親が私に選ばせた道でもありませんでした。

しかし、人々を喜ばせるアイデアを見つけられたのは、幸運です。

JOSH SUNDQUIST ーより引用(和訳)

その後は、『片足をなくしたキャラクター』ではなく、『片足で表現できるキャラクター』のコスプレをするようになったサンキストさん。

2016年に製作したコスチュームは、『いままでで最高!』と称されるクオリティになりました。

それが、映画『美女と野獣』に登場するロウソク立て、ルミエール!

金色に輝く、圧巻の姿です!

制作過程は、以下の動画をご覧ください。

制作は、リサさんという女性が手伝っています。アニメキャラクターらしい大きな目にするため、サンキストさんの顔に化粧を施す様子は感心してしまいます!

サンキストさんに、たくさんのコメントが寄せられました。

  • なんて素晴らしいコスチュームなんだ!
  • これ以上素敵なコスチュームは、そうそうないよ。
  • 毎年、サンキストさんの仮装には驚かされてしまうわ!

自分の個性が光るコスチュームを制作し続ける、サンキストさん。

ハロウィンを全力で楽しむ姿に、多くの人が笑顔になりました。

2017年は、何の仮装になったのでしょうか。興味を持った人は、ぜひサンキストさんのTwitterをご覧ください!

Twitter:@JoshSundquist


[文・構成/grape編集部]

出典
@JoshSundquistJOSH SUNDQUIST

Share Tweet LINE コメント

page
top