grape [グレイプ] entertainment

『うなりくん』ってどんなキャラ? 『ゆるキャラ©グランプリ2017 』に祝福の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

投票でご当地キャラクターの日本一を決める『ゆるキャラ©グランプリ2017 in 三重桑名・ナガシマリゾート』が11月18、19日に開催されました。

成田市のゆるキャラがグランプリ

今年のグランプリは、千葉県成田市の『うなりくん』!

80万5328票を獲得して、を獲得して、頂点に輝きました。

『うなりくん』は、『うなり星』出身。成田市の名産であるウナギと、成田空港にちなんで作られたキャラクターです。

『うなりくん』の公式Twitterには、喜びのコメントが投稿されています。

1等賞に輝くことができたのは、応援してくれたみんなのおかげ。

『うなりくん』を応援してきた人たちの願いが、この日に実りました。

喜ぶ市川海老蔵さん

『うなりくん』のグランプリ受賞を聞いて、喜んだ人がいました。それは、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんです。

※写真はイメージ

海老蔵さんは、自身のオフィシャルブログで「日本一おめでとうございます」と祝福し、次のように述べています。

私も成田御案内人という大役を授かっているので

今回のゆるキャラうなりくん、

本当によかった、

そう思います

ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ ーより引用

成田山と初代市川團十郎

海老蔵さんは、成田山と深い関わりを持っていました。彼は、『成田屋』という屋号を持っています。

市川一門には、さまざまな屋号を持つ人たちがいるのですが、その中でも『成田屋』は、歌舞伎の流派である『市川流』の本家。

長い歴史を持ち、歌舞伎界で重要なポジションを占めています

そんな『市川流』の、初代市川團十郎さんは、子宝に恵まれませんでした。そこで、成田山の、当時の本堂である薬師堂で一心に子授けを祈願したところ、待望の男の子が誕生。

それからというもの、『市川流』の本家は成田山と縁が深くなり、『成田屋』の屋号を持つことになったのです。

亡くなった麻央さんとの、思い出の場所

海老蔵さんは、初代から続く縁を大切にしてきました。成田山開基1070年祭記念行事や、小林麻央さんとの結婚奉告で成田市を訪れています。

その精力的な活動を評価されて、成田市から『成田市御案内人』の任命を受けました。

今回の『ゆるキャラ©グランプリ』で、『うなりくん』がグランプリを受賞したことは、『成田市御案内人』として誇らしいことでしょう。

しかし、それ以上に、麻央さんとの思い出がある成田市が、注目されることが嬉しかったのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイトABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログうなりくん オフィシャルホームページ成田市×歌舞伎

Share Tweet LINE コメント

page
top