grape [グレイプ]

服装を批判された母親 その理由に「え、それだけで!?」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

「母親のくせに…」

「母親ならば…」

世の中には、母親に対するイメージを押し付けてくる人がいます。

しかし、母親といえど、1人の女性であり人間です。いきすぎたイメージの押し付けは、もはや『悪口』と変わりません。

1児の母であるオードリー・ロロフさんも、思わぬ理由で批判を受けた1人。

その理由は「ダメージ加工がされたジーンズを履いて、病院に行った」ことでした。

なぜ、それだけで批判されてしまうの!?

そう思う人もいることでしょう。

しかし、批判している人たちからしてみると「多くの人が集まる場では、周囲の目を意識してきちんとした格好をすべき」という考えがあったようです。

そうした意識を持つこと自体は個人の自由ですが、周囲にも求め、かつ「だらしない母親」だとレッテルを貼るのは、少々いきすぎているように感じてしまいます。

事実、オードリーさんを擁護する人は多く、「目くじらを立てて、批判すべきことではない」「はぁ?何を着ようが本人の自由でしょ」といった内容のコメントが寄せられていました。

日本でもありえる

オードリーさんの一件は、アメリカでの出来事ですが、理想の『母親像』を押し付ける現象は、日本でも実際に起きていること。

「料理は必ず手料理」「仕事も育児も完璧に」などと、他人の思い描いたイメージに息苦しさを感じている母親は多いといいます。

アドバイスであれば受け入れるべきですが、もしも理不尽な批判だと感じた場合は、聞き流してしまっても問題はないはず。

オードーリーさんも、自身に向けられた批判を「意味不明なコメントが、1番上にあったんだけど」と、気にしていない様子。これくらい肩の力を抜いてしまったほうが、いいのでしょうね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Audrey Roloff

Share Tweet LINE コメント

page
top