grape [グレイプ]

椎名桔平、愛犬を手放す悲しい理由 「犬も一生忘れないと思う」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

動物を家族として迎え入れた以上、いつかはお別れの日がくるもの。

特に犬や猫は人間よりも寿命が短く、一緒に過ごせる期間は長くても十数年ほどです。

しかし、俳優の椎名桔平さんの場合は、たった10か月で愛犬とお別れしなければなりませんでした。

映画をきっかけに

小説『盲導犬クイールの一生』を映画化した『クイール』への出演をきっかけに『パピーウォーカー』という活動を知った椎名さん。

パピーウォーカーとは、盲導犬候補の子犬を引き取り、人間社会や家庭の中で暮らすためのルールを学ばせるボランティアのこと。

2017年4月には『公益財団法人 日本盲導犬協会』から、パピーウォーカーとして1匹の黒のラブラドールレトリバーを家族として迎え入れています。

『テンダー』と名付けられた子犬は、椎名さんのInstagramにもたびたび登場し、ファンからも「可愛い」「癒される」と愛されていました。

しかし、盲導犬候補である以上、パピーウォーカーの期間が終われば、協会にテンダーを返さなければなりません…。

テンダーとの別れを間近に控えた椎名さんは、Instagramに寂しさをにじませた投稿をしています。

「あと少しでお別れだね。分かってはいるけどね、、、」

kippeishiina ーより引用

理解はしていても、家族との別れはつらいもの。

椎名さんの気持ちを察したファンからは「盲導犬を引退したら、また一緒に過ごせるといいですね」「テンダーも椎名さんの愛を生涯忘れないと思います」と慰めのコメントが寄せられていました。

テンダーにとって椎名さんと過ごした10か月間は、人間の社会に慣れること以上に大切なものを得たはずです。

たっぷりの愛をそそがれたテンダーなら、立派な盲導犬として多くの人を助けてくれることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
kippeishiina

Share Tweet LINE