grape [グレイプ]

事故でこの世を旅立った男子生徒 人工知能で蘇った彼に、女子がかけた言葉は

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

漫画家の園田ゆり(@sonoda_yuri)さんが描いた創作漫画『49日のブラックボックス』をご紹介します。

交通事故に遭い、若くしてこの世を旅立った祥一郎。

この世界では、人格を再現したAI(人工知能)を作り出すことができるため、彼のAIが生み出されました。

目の前に現れた祥一郎のAIに対し、後悔する母や、悲しむクラスメイトたちは温かい言葉を投げかけます。

しかし、クラスメイトの黒瀬さんは…。

『49日のブラックボックス』

自分は祥一郎であって、祥一郎ではない…複雑な思いを抱えつつ、『本物の彼』のできなかったことを叶えるため、黒瀬さんに告白したAI。

そんなAIの行動に、黒瀬さんは「信じない」と涙を流しました。

周囲の気持ちの整理が終わった後、AIは消されてしまったのでしょう。『祥一郎のニセモノ』として生まれた彼ですが、きっと黒瀬さんの涙を見た瞬間は、『自我を持った本物の人間』だったのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sonoda_yuri

Share Tweet LINE