grape [グレイプ]

教室にまぎれこむ『キツネ』を調べ始めた先生 ラストの1コマに、ほろり

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の園田ゆり(@sonoda_yuri)さんが、twitterに投稿している『#ナナライ奇譚』シリーズ。

クラスメイトの中にまぎれこみ、学校生活を送るきつねくんと周囲の人たちの交流を描き、人気を博しています。

今回ご紹介するのは、ほかの人には見えないものが見えてしまう先生と、きつねくんのお話です。

きつねくんの存在を、優しく見守ることにした先生。ある給食の時間に…。

きつねくんの生態

字を書くのが苦手なきつねくん。何度も書き直して、やっと書いたひらがなは『せんせい』の4文字。

自身を理解しようと努め、ほかの子と同じように接してくれる先生の優しさが通じたのかもしれませんね。

「もっときつねくんのお話を読みたい」という人は、こちらの記事もあわせて読んでみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sonoda_yuri

Share Tweet LINE コメント

page
top