grape [グレイプ]

幼少期、東京で弟と迷子に! 駆け付けたのは、TOKIOの2人だった

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

幼いころの素敵な思い出は、大人になっても強く心に残る宝物です。

素晴らしい宝物を見付けたエピソードをTwitterに投稿したのは、そーさん(@ZGoiFgACIgyGTjl)さん。

投稿者さんが5,6歳の小さな女の子だったころのこと。家族で東京に出かけた際、弟と2人で迷子になってしまったのだそうです。

多くの人が行き交う街で、5歳ほどの女の子が弟を守りながら親を探すのは、どんなに不安なことだったでしょう。投稿者さんは泣いてしまいました…。

しかし、姉弟の前にヒーローが現れたのです!

なんと、姉弟を助けてくれたのはTOKIOの長瀬智也さんと、城島茂さん!

しかも城島さんと長瀬さんは、迷子センターに行く道すがら、姉弟を抱っこしながら歌をたくさん歌ってくれたというのです。

数日後、TVで2人を見た投稿者さんは「この前助けてくれた人たちだ!」と気付きます。それ以来、ずっと2人のファンだといいます。

TVで活躍する城島さんと長瀬さんは、好感が持てる人物に見えます。

ですが、TVに映っていないところでも、小さい子を助けてくれる優しい人物だったのです!

このエピソードは、多くの人が「いいね」をして拡散されました。素敵な宝物が、たくさんおすそ分けされたのですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ZGoiFgACIgyGTjl

Share Tweet LINE