grape [グレイプ] trend

「猫に生まれ変わりたい」 京都の偉いお坊さんに聞いてみたら、簡単に出来そうだった!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

天気のいい日は陽だまりの中で眠り、毎日好きなだけ遊ぶ猫。

自由気ままに過ごしているように見える姿に、「もういっそ人間を止めて、猫になりたい」と思っている人は多いようです。

廃墟で写真撮影をしている稲葉渉(@inabawataru)さんも、来世があるなら猫になりたい1人。

京都の偉いお坊さんと一緒にお酒を飲んだ時、稲葉さんはノリでこんなふうに尋ねます。

「猫に生まれ変わりたいんですけど、どうすればいいですか?」

もしかしたら、「何かありがたい仏教説話でも披露してくれるかもしれない」と期待したかもしれません。

しかし、お坊さんの答えはとてもシンプルでした!

「それはね、戒名に猫って一文字を混ぜたらいいよ」

※写真はイメージ

えっ、それだけなの?っていうか、ソレってやってもいいの!?

稲葉さんは、「多分適当だろう」と思いながらも「すごく気に入ってる」とのこと。

ちなみに戒名とは、成仏のためにお坊さんから故人に与えられ、位牌の表に彫る名前のことです。

その人の性格や仕事、趣味などと関連した名前を付けてもらいます。

しかし、戒名には『三除の法、二箇の大事』というルールがあり、「使わないほうがいい字」が決まっているのだそう。

洞松寺住職・豊嶺卓也さんは、自身のブログにこうつづっています。

三除の法とは、1.奇怪な難字、2.無詮の空字(乃・也・於・但など)、3.不穏の異字(争・恥・敵・悩など)を指し、二箇の大事とは1.歴代天皇の尊号と年号・祖師の法名を使わない、2.麟・龍・駿・鹿・亀・鳳・鶴などを除き動物を表す文字(いくらペット好きでも犬・猫はNG)は使わないというものである。

洞松寺住職ブログ ーより引用

これを見ると、猫は使ってはいけないようです!

お酒の席ということもあって、きっと京都のお坊さんも冗談をいったのでしょう。

しかし、「戒名に来世の希望を入れる」という考えかたは魅力的。

稲葉さんの投稿には、こんなコメントが寄せられています。

【投稿へのコメント】

・何かちょっとキュンとしました。

・猫に生まれ変わって、朝からずっと寝ていられたらいいのに!

・みんな落ち着け、「家猫」にしないとノラだぞ。

・じゃあ、「細」や「痩」といった漢字を絶対に入れます。

・自分は、福山雅治って混ぜてもらおう!

次になりたい姿はさまざま。自由に戒名を考えると、夢が広がりますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@inabawataru洞松寺住職ブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top