grape [グレイプ]

ピタゴラスイッチを極めた天才 食卓に散りばめられた仕掛けの数々

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

NHK教育テレビで放送中の『ピタゴラスイッチ』。2018年で放送開始から16年目を迎える人気番組です!

また、ピタゴラスイッチといえば、番組のコーナーの1つ『ピタゴラそうち』が1番の見どころ。

日用品を組み合わせてつくられたからくり装置は、ビー玉が転がっていくにつれて、様々な仕掛けが次々に展開していき、意外性のある動きに見ている人はワクワクしっ放しです!

そして、海外にはさらにレベルの高いからくり装置を作る人がいました。

コップを置いたことでからくり装置が始動し、デザートのケーキがお皿に置かれたところでフィニッシュ!

一つひとつの仕掛けは、計算に計算を重ねて生み出され、製作者のセンスや情熱が感じられます。

・パソコンを落とすとか、リスクを背負いすぎだろ。

・製作者の頭の中が知りたい。まさに、天才。

・「すごい」しか出てこない。本当に、すごい…!

動画を見た人からも、大きな反響を呼んでいるこちらのからくり装置は、ニューヨーク在住のジョセフさんが製作したもの。

日本では『ピタゴラ装置』とも呼ばれていますが、海外では『ルーブ・ゴールドバーグ・マシーン』と呼ばれ、世界中に愛好家がいます。

ジョセフさんは、そんなルーブ・ゴールドバーグ・マシーンの製作者として有名で、彼が考案する仕掛けはどれも想像の斜め上をいくものばかり。

今回の動画でも、赤ちゃんを仕掛けの1つに組み込んだり、パソコンをテーブルから落としたりと、何もかもがハチャメチャ!

この奇想天外な発想こそが、「天才」といわれる理由なのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@josephsmachines

Share Tweet LINE