grape [グレイプ]

『一生懸命やれば正解』は「ものすごい間違い!」 さんまの持論に共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

大御所芸人の明石家さんまさん。そこに行きつくまでには、数多くの努力があったのでしょう。

2018年4月14日に放送されたラジオ番組『ヤングタウン 土曜日』(MBSラジオ)で「一生懸命」についての持論を展開し、共感の声が上がりました。

一生懸命やればいいわけじゃない

リスナーから寄せられたフレーズを、女性出演者がセクシーに読み上げる『ヤン娘。はいやせません』という同番組のコーナー。

そこでモーニング娘。の飯窪春菜さんがフレーズを読み上げるものの、さんまさんからダメ出しを受けてしまいます。

少し納得のいっていない様子の飯窪さんが「一生懸命やったのにな…」と言い訳をすると、さんまさんから強く注意を受けてしまいました。

一生懸命にやればいいってもんちゃうねん。

ちゃんとできなきゃ意味ないねん。ただ、手を抜いてもちゃんとやったらいい。

一生懸命にやれば正解っていうのは、ものすごい間違いやわ。

俺が1番腹立つ言葉や「一生懸命やりましたけど」って「はっ?それがどうした?」って。

みんな一生懸命にやっているんですけどっていう。

ヤングタウン 土曜日 ーより引用

さんまさんの持論に、多くの共感の声が寄せられました。

・一生懸命やって結果出ませんは、努力の方向が間違ってるだけ。

・さんまさんの答えに同意。手を抜いても結果が出れば問題はない。

・本当にこれですよね。頑張らなくてもいいから結果は出せよっていう。

「努力はみんなしている」とストイックに考えるさんまさん。

頑張ることがいけないというわけではなく、それを言い訳にすることが許せないようです。

芸人として結果を出してきたさんまさんだからこそ、その言葉には重みがありますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ヤングタウン 土曜日

Share Tweet LINE コメント

page
top