grape [グレイプ]

「女子生徒の下着は白のみ」 セクハラと話題の校則に、下着店が「待った!」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

校則とは、学生の身だしなみを正すことを目的とした、学校ごとの規則です。

「髪を染めるのは禁止」「スカートはひざ丈」「ズボンを下げて履くのは禁止」…厳しさに違いはあれど、こういった校則が定められている学校は少なくありません。

女子生徒が着用する下着は白色のみにすること。

ネット上で議論になっているのは、女子生徒の下着の色に関する校則。

学校側の考えとしては、「白色以外だと派手だから」「色がついていると透けるから」といった理由なのでしょう。

しかし、ネット上では「下着の色に口を出すなんて信じられない」「セクハラだ」といった声が多数上がっています。

下着店が検証した『透けない下着の色』画像に、反響!

議論が続く中、ランジェリーショップ『BODY FOCUS』(@body_focus)の投稿が注目されています。

「下着店として、いわずにはいられなかった」とつづり、「白色の下着は透けにくい」という思い込みを解くため、検証画像を投稿しました。

肌色に近い色の紙の上に白色、ピンク、水色、ベージュ、赤色、紺色の紙を乗せ、その上から白い布を被せます。

あなたは、どの色が透けにくいと思いますか。

「透けにくい」と思われがちな白色は、分かりやすいほどハッキリと透けています。

逆に、肌の色に近いベージュや、派手な色とされる赤色、濃いはずの紺色はあまり透けていません。

ベージュが透けにくいのは多くの人が知っているものの、赤色や紺色が透けにくいというのは意外ですよね。

Twitter担当者が校則についての話題を知り、透けやすい色や透けにくい色はアパレル業界では一般的な知識であるにも関わらず、世間では意外と知られていないことに驚いたのだとか。

そこで周囲にあるものを使い、こうして簡易な検証画像を作成。Twitterに投稿し、正しい知識を広めることにしたのだといいます。

多くの人に向けたメッセージでは、このようにつづられています。

今回の投稿は、「赤のブラジャーの上からシャツを着ても透けないよ」というものではなく、「透けないと勘違いされている色は透けやすいので、インナーの着用をおすすめします」というものです。

ブラジャーに白シャツだけを着て大汗をかいたり、雨に打たれたりすると、おそらく何色でも透けてしまいます。

「校則でインナーの着用も禁止されている」という話も目にしたので、学校側のみな様には、考え直すきっかけとして届いたらいいなと思っております。

投稿によると、深めのエンジやワイン色の下着が透けにくいのでオススメとのこと。

ですが、透けるのを防ぐのであれば、やはりインナーを着用することが一番効果的でしょう。

いくら校則とはいえ、下着の色を指定されるというのは気分のいいものではありません。思春期であれば、なおさらです。

正しい知識によって、本当に生徒たちのためになる校則を定めてもらい、生徒たちには快適な学校生活を送ってもらいたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@body_focus

Share Tweet LINE