grape [グレイプ]

母親の家族愛は『無償』が当たり前? 小学4年生の男の子が涙した理由

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2018年4月から『道徳』が正式な授業として扱われることになりました。

いままでの道徳は、指導要領など学校に任され各学校で差がありましたが、教科化されたことで、ほかの教科同様に国の検定を受けた教科書が用いられます。

また、指導要領に沿って『家族愛』『礼儀』『親切 思いやり』など、22項目について学ぶことになりました。

4月23日に放送された報道番組『クローズアップ現代+』(NHK)では、4年生の道徳の授業に密着。

その中で男の子の意見が否定される場面があり、批判の声が上がっています。

優しい子だと思うのに

この時の授業に使われたのは、教科書に掲載されている『お母さんのせいきゅう書』という話です。

ある朝、たかしがお母さんに1枚の紙きれを渡しました。

それは請求書でした。

「お使い代」「お掃除代」「お留守番代」として、500円を請求したのです。

お昼時、お母さんは500円と一緒に小さな紙を渡しました。お母さんからの請求書でした。

「病気をした時の看病代」「洋服や靴、おもちゃ代」など、いずれも0円。

それを目にした、たかしの目には涙があふれました。

クローズアップ現代+ ーより引用

この話を使って、新任の先生は「母親の無償の愛を通じて、家族愛について考えること」にしました。

授業では、お母さんの気持ちを考えるように子どもたちにうながすと、このような意見がでます。

・私の宝物はたかしだから、お金なんてもらわないよ。

・お金はいらないから、そのかわりたかしの成長を見せてね。

「家族にはお金を求めないのが当然だ」という意見が大勢を締める中、ある男の子から異なる意見がでました。

子どもっていいな、えらいことするとお金がもらえるから。私も子どもがいいな。

クローズアップ現代+ ーより引用

男の子のプリントには「私は0円なのよ。お母さんの気持ちになってみなさいよ。せっかく家事とかもしているのに」という、お母さんの気持ちが書かれていました。

「お母さんも家事に対してお金をもらいたいのでは?」という、大勢とは違った意見を聞き、先生はこのように発言します。

それでもさ、お母さんは0円の請求書を渡したわけじゃん。お金がほしい、いいなと思うんだったら…。

クローズアップ現代+ ーより引用

先生の問いかけを聞き、ほかの生徒からは「確かに、1円、10円、100円もいいから書いて渡せばいい」と同調。

家族愛を伝えたかった先生は、少数の意見を聞かず話を進めてしまいます。

男の子は涙を浮かべ、それ以上意見をいうことはありませんでした。

実は男の子家庭は共働きで、仕事をしながら自分のために家事をこなす母親のことを思っての発言だったのです。

お母さんは家事とかしているから、お金をいつももらえないから。

お金をもらいたいって気持ちがあって、これを書いた。

クローズアップ現代+ ーより引用

思い通りに授業を進めようとするあまり、男の子の気持ちを汲み取ることができなかった先生。道徳の難しさを痛感したといいます。

この授業風景を見て、ネット上には批判の声が多数上がりました。

・大勢の意見を男の子に押し付けているように見えた。なぜそう思ったのか、気持ちも受け止めてほしい。

・0円というのが母親の愛ということなのか?男の子の涙はそれを表していると思う。

・価値観や意見が違うと「間違っている」といわれるのはおかしい。男の子は優しい子だなと感心した。

男の子で「家事にもお金をあげるべき」といえるのは、素敵だと思う。

多様な家庭がある中では、もっと柔軟に子どもの意見を聞く姿勢が必要なのかもしれません。

答えが1つとは限らない道徳の授業で、今後どのような授業が行われるのかが注目を集めそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
クローズアップ現代+

Share Tweet LINE コメント

page
top