grape [グレイプ]

大好きな叔父のにおいを6年ぶりに嗅いだ犬 その行動に「涙が出てきた」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

大好きなペットが自分よりも先に亡くなってしまったら…悲しみに暮れる飼い主は、ほぼ全員といっても過言ではないでしょう。

では、ペットが先に飼い主を亡くした場合はどうなのでしょうか。

Evlyn(@evlyncastro16)さんの投稿した動画に感動する人が続出しています。

洋服の上に寝る犬

Evlynさんの叔父は、犬のパキートと親友のような間柄でした。家族のように寄り添い、どこに行くにもパキートを連れて歩いていたといいます。

しかし、悲しいことに叔父は2012年に病気のため亡くなってしまいます。

残されたパキートのために、家族はさまざまな手を加えますが、その心が癒されることはありませんでした。

ある日、雨に濡れた叔父の服を家族が乾かしていると、パキートはすぐに服の上に乗ってきたのだそうです。

6年ぶりに叔父のにおいをかいだパキートが、どのような行動をとったのか…こちらをご覧ください。

大好きだった叔父のにおいをかぎながら、パキートは安心したのでしょうか。

しばらくすると、叔父のにおいに包まれながら寝てしまいました。

パキートの安らかな表情を見て、多くのコメントが寄せられました。

・動物の愛情って無償ですよね。

・パキートを抱きしめてあげたい!

・あれ、目から水が出てきたんだけど…。

・パキートを残した叔父も心が苦しかったでしょうね。

亡くした叔父のにおいを6年経っても忘れなかったパキート。

きっと叔父が与えた愛情以上に、パキートは叔父のことを愛しているのでしょう。

パキートの姿を見ていると、いままで以上にペットを大切にしてあげなければと感じますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@evlyncastro16

Share Tweet LINE コメント

page
top