grape [グレイプ]

選ばれた理由に「そういうことか」  NASAなどが『ゴジラ』を星座に認定

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

東宝が1954年に公開した特撮怪獣映画『ゴジラ』。さまざまなシリーズが作られ、海外でも高い人気を得ている作品です。

そんな日本の誇る大怪獣が、なんと『NASA』と『フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡研究チーム』が認定している22星座に選ばれました。

ゴジラが星座に

今回ゴジラが星座として認定されたのは、『ガンマ線天体を線で結んだ22星座』です。

NASA提供

NASA提供

これはフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡を搭載した観測衛星の打ち上げ10周年と3千個を超える天体を発見したことを記念して作成されたものです。

フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡とは

2008年7月に打ち上げられた、宇宙分野の研究者と素粒子実験の研究者が連携して開発したガンマ線観測衛星。

日本、アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スウェーデンの政府機関、研究組織による共同研究で、3千以上の天体を発見しています。

ゴジラが選定された理由は、研究対象であるブラックホールなどの高エネルギー天体の周囲で発生している『ガンマ線バースト』と呼ばれる現象が、ゴジラの放つ放射熱線に似ているからなのだそうです。

ゴジラが星座に選ばれたことに、ネット上では驚きの声が上がっています。

・ゴジラがついに星座になったか…感無量。

・ゴジラが星座になったの!?すごい!

・怪獣王から破壊神、そして星座に。ゴジラが近代神話の域に達したか。

・これ大ニュースじゃん!めっちゃ嬉しい!

・熱線が理由で選ばれたのか。

一般的なオリオン座やカシオペア座など、国際天文学連合(IAU)が定義した88星座とは異なる22星座。

ゴジラ以外にも『超人ハルク』や『星の王子さま』など、宇宙やSFに関連があるキャラクターが選定されているようです。

気になる人はNASAのウェブページをチェックしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top