grape [グレイプ]

メディアがあおってこうなった カンニング竹山、渋谷ハロウィンが荒れる理由を分析

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

カンニング竹山さんが、2018年10月29日に放送された情報番組『ビビット』(TBS系)に出演。

痴漢や盗撮で5人の逮捕者が出るなど、年々騒ぎがヒートアップしていく渋谷の『ハロウィン』について持論を展開しました。

カンニング竹山、渋谷ハロウィンが荒れる原因を分析

番組では、軽トラックを横転させるなどの騒動が起きた10月27日夜から28日未明にかけての渋谷の様子をVTRで紹介。

そのVTRを見る竹山さんは、呆れたような表情を浮かべていました。

ひと通りVTRが終わると、竹山さんは「日本の『ハロウィン』は目的を見失っている」と主張します。

そもそもハロウィンってものが(日本に)ないから。そこに目的がないじゃないですか。日本のハロウィンの場合はジャパニーズハロウィーンだから。ただの仮装フェスティバルだから。

ビビット ーより引用

みんなで騒ぎたてて、インスタに載せるというよく目的が分からないお祭りになっている。

ビビット ーより引用

また、ハロウィンが荒れるようになったのは、ここ5年ぐらいの出来事だと竹山さんは解釈。「これも我々考えないといけないのは」と前置きして、このような意見も口にしています。

この状況を生んだのは我々メディアがここ5年でしてきたわけですよ。こういう状況を!

ビビット ーより引用

ハロウィンでの騒動をメディアが取り上げ続けた結果だと、竹山さんは考えるようです。

確かに、ハロウィンの市場規模は、2016年にバレンタインを超える急成長も見せています。

メディアもハロウィンにおける経済効果を見込んでさまざまな報じかたをし、イベントを盛り上げることに加担していた面もあるでしょう。

そのため、メディアに関わる人間は他人事のようにただ批判するだけでなく、今後ハロウィンとどう関わっていくべきかを真剣に考える必要があると、竹山さんは説明しています。

カンニング竹山、メディア側が今後取り組むべき対策についても言及

ハロウィンではめを外すのは、若者たちにとっては楽しいもの。「完全になくすことは難しい」と竹山さんは推測します。

ですが、それを承知の上でメディアが今後取り組むべきことについて、こういった提案もしています。

5年ぐらいかかってメディアがあおってきて、こうなった。

騒いでいた子たちって我々があおってきた時に、中学生ぐらいだったと思うんですよ。それが大人になったら大学生になったら、みんなで楽しめるってなってああなってるわけでしょ。

だから、逆にいまから5年ぐらいかけて、「こういうことってダサいよ」って「こういうことってダメだよ」っていうカルチャーをまた我々メディアが作っていかないといけない。

ビビット ーより引用

メディアがハロウィンについてさまざまな報じかたをしてきたことで、間違った方向に解釈する若者が出て来てしまったと竹山さんは指摘。

そのため、いまの小学生や中高生たちが大人になった時にこういった悲劇を繰り返さないためにも、間違った楽しみかたについては厳しい言葉で非難していく必要があるという意見です。

また、竹山さんは20年ほど前に流行した、暴走族による『初日の出の暴走』を例に挙げて、このように説明しています。

あの時、メディアがバンバンあおってましたよね。「また暴走族が!」とかいって。で、みんなやってたじゃないですか。

でも、いまは一部でやってるけど昔よりやらなくなったじゃないですか。なぜならダサいからですよ。

ビビット ーより引用

初日の出の暴走行為が減少したのも、メディアが極端に取り上げなくなったからだと分析。

最後に、「いまの小学生、中学生たちにも分かるように『こういうことをするのはダサいんだよ』っていうのを我々が伝えていかなければいけない」と、意見をまとめました。

カンニング竹山 ハロウィンに関する意見に、世間の反応

・「ハロウィンでバカ騒ぎすること=ダサいこと」っていう考えを定着させましょう。

・これだけ迷惑行為が起こっているなら、経済効果うんぬんなんていってられないよね。

・みんながもっとハロウィンに冷めた感情を持つ必要もあるのでは。

・そもそも、こうやってハロウィンの特集をすること自体、一部の若者を調子に乗らせるよね。仕方のないことだけど…。

竹山さんがいうように、メディアの報じかた次第でハロウィンにおける世間の認識を徐々に変えていくことは可能でしょう。

時間がかかっても、この負の連鎖がいち早く断ち切れることを願いたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ビビット

Share Tweet LINE コメント

page
top