grape [グレイプ]

『青いカボチャ』に注意して! ただの「オシャレ」ではなかった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:foodallergy

10月31日はハロウィン。

飾られているのは、オレンジ色のカボチャがメインですが、家庭によっては、青く塗ったカボチャを一緒に置いているところも。

そんな『青いカボチャ』には、大切なメッセージが込められていました。

『青いカボチャ』は、食物アレルギーを持つ子のため

アメリカでは、ハロウィンの日に子どもたちが各家庭を訪ねて、お菓子をもらいます。

しかし、その楽しいイベントに、参加できない子どもたちがいました…食物アレルギーを持っている子どもたちです。

※写真はイメージ

まだ幼い子どもだと、自分の食物アレルギーについて分かっていないことがあります。イベントに参加して、うっかりアレルギー物質の入ったお菓子を食べてしまうと、危険です。

それでも、「ほかの子と同じように、仮装して家々を回りたい」と食物アレルギーを持つ子どもは思っているはず。

「悲しい思いをしている子どもが、みんなと一緒に、イベントに参加できるように」と考えられた結果、生まれたのが『Teal Pumpkin Project』です!

食べ物がダメなら、オモチャを配ろう!

『Teal Pumpkin Project』は、食物アレルギーの調査研究や教育などを行っている、アメリカの非営利団体『FARE』が、2014年から始めました。

食物アレルギーのある子どもは、『青いカボチャ』を置いている家庭を訪ねて、お菓子以外のものをもらいます。

『FARE』がすすめているのは、ブレスレットやネックレス、指人形、ハロウィン柄の文房具などです。お菓子と別のカゴを用意して、食物アレルギーの子どもに配るのだそう。

食物アレルギーの子は、自己申告か、『青いカボチャ』グッズを身に着けて分かるようにしています。

大人と子ども、両方が間違いのないように気を付けながら、「誰でも参加できるハロウィン」を実現しました。

『青いカボチャ』の広がり

『青いカボチャ』のプロジェクトは、年々広がりを見せ、世界でも認知され始めています。

アメリカの小売店では、『青いカボチャ』を販売するところが続々と増えています!売上の一部は『FARE』に入り、食物アレルギーの人たちのために活用されるそう。

『FARE』のウェブサイトに掲載されている地図では、『Teal Pumpkin Project』に参加している家や施設が青いピンで表示されています。

アメリカは、地図が青いピンで埋め尽くされるほど。イギリスやカナダにも多数のピンが立っていました。一方、日本ではほとんど立っていませんが、今後『青いカボチャ』が広まることが期待されています。

日本でも盛り上がりを見せているハロウィン。みんなが参加できる、楽しいイベントになるといいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@KraftsbyKrugerfoodallergyFood Allergy Research & EducationFood Allergy Research & Education

Share Tweet LINE コメント

page
top