grape [グレイプ]

『マナー違反の客』がいる映画館を作品にしたら 「すみませんでした」「説得力が凄い」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

アートユニット『現代美術二等兵』のふじわらかつひと(@f2touhey)さんの作品が、ネット上で話題になっています。

ふじわらさんが制作したのは、手のひらサイズの立体作品。次のような「マナー違反の客」がいる映画館のミニチュア作品です。

「スタッフロールが流れ始めると、すぐにスマホをいじるやつ」

スタッフロールとは、本編とは別に流れる「映画製作関係者の名前一覧」のこと。

「本編が終われば映画は終わったもの」ととらえる『スタッフロールを観ない派』の人たちにとっては、退屈な時間なのかもしれません。

まだ暗い中、スマホを取り出す人もいて…。

光って目立っているのが一目りょう然です!

少し誇張されていますが、映画を見ている人が「まだ映画は終わっていないんだから、スマホを見ないで!」というのも、うなずけます。

作品の明かりや撮影場所の照明などを調整して、何枚か作品の撮影をしたふじわらさん。

すると、より自然に現実の風景を再現することができました。

やっぱり、スマホの光が気になる!

作品を見た人たちからは、「こんなに目立つんですね。反省します」「すばらしい作品。ポスターにして、映画館に飾りたいくらい!」「他人の視点になってみて、初めて気付くこともあるんですね。すごいなあ」などの感想が寄せられています。

クスリと笑える作品。それだけで終わらず、この作品を見て自らのマナー違反に気付く人が増えるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@f2touhey現代美術二等兵

Share Tweet LINE コメント

page
top