grape [グレイプ]

『ママバイバイ』を忘れた幼稚園の息子 慌てて発した言葉に吹き出した!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:ぺぷりオフィシャルブログ

「行ってきます」「行ってらっしゃい」や、「ただいま」「おかえりなさい」といった挨拶のやり取りは、とても大切なこと。

ちょっとした言葉のやり取りを日常的に行うと、家族間の空気もよくなりますよね。

何より、挨拶は人間関係において基本中の基本。幼い子どもに「大きな声で挨拶をしようね」と教えている人も多いことでしょう。

『ママへのバイバイ』を忘れてしまった、幼稚園の息子は…?

日常の出来事を漫画で描いているママブロガーのぺぷりさんが、2018年12月27日にブログを更新。

3歳になる幼稚園児の息子さんには『幼稚園バスに乗る時の約束ごと』があるといいます。

「ばいばーい」っていったら、ママも「ばいばーい」っていってね!

幼稚園にいる間は、大好きなお母さんと会うことができません。大人にとっては短い時間でも、幼い子どもからすると長い別れのように感じることでしょう。

いつもバスに乗る前は「ばいばーい」と挨拶していた息子さん。しかし、ある日うっかり挨拶することを忘れてしまい…!

バスに乗る直前になり、息子さんはあせったことでしょう。「このままじゃ、挨拶しないままお別れになっちゃう!」…と。

そこで、なんとか言葉を発した結果…「ママーイ!」という新たな言葉が誕生!

(なんかいろいろと略されていたけれど、いいたいことは伝わってきたよ…!)

ぺぷりさんは謎の言葉の意図をしっかりとくみ取り、「ばいばーい!」と返事をするのでした。

とても愛らしい、息子さんのエピソード。きっと「ママーイ!」という言葉を聞き、ほかの親御さんも癒されたことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
ぺぷりオフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top