grape [グレイプ]

10年間孤独だったカエルが『お見合い』 まさかの展開に「コレはせつない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

絶滅危惧種のセイウエンカズミズガエル『ロミオ』のお見合いの様子が、アメリカのニュースサイト『Business Insider』で紹介され、話題になっています。

『世界一孤独なカエル』だったロミオに奇跡の出会い

ボリビアのアルシド・ドルビニ自然史博物館(Museo de Historia Natural Alcide d’Orbigny)で飼われているオスのセイウエンカズミズガエル、ロミオ。

ロミオは、同種の最後の生き残りといわれており、2008年に発見されて以来、博物館で10年間1人ぼっちで過ごしてきました。

しかし、2019年1月、ボリビア奥地の川で同種のメスのカエルを奇跡的に発見!『ジュリエット』と名付けられたメスは、ロミオと同じ博物館に保護されました。

そして同年4月2日、2匹は同じ水槽に入れられ、念願の初対面。

その時の様子を、同博物館の爬虫両生類学者であるテレサ・カマチョ・バダニさんは次のように語りました。

ロミオはジュリエットの後ろをついてまわり、自分の餌を分け与えるなど、彼女にとても優しくしていました。

長い間孤独だったロミオが、ついに仲間と出会えたのは、本当に素晴らしいことだと思います。

『Business Insider』 ーより引用(和訳)

恋が芽生えたものの…

ロミオの積極的なアプローチにより、いい雰囲気になった2匹。「いよいよ結ばれるのか」と期待されましたが、どうやら生殖行為は上手くいかなかったようです…。

絶滅危惧種の保護活動を行うNPO団体、『Global Wildlife Conservation』が、2匹の初デートの様子を動画で公開しています。

『包摂(ほうせつ)』と呼ばれるカエルの生殖行為。オスがメスの背中の上に乗り、前肢でメスの腹を抱きかかえて強く押すことでメスは卵を放出。オスはその上から精子を放出して受精させます。

しかし、10年もの間メスとの出会いがなく、機会に恵まれなかったロミオは、正しい体勢がよく分からなかったようです。

この結果に、世界中から同情の声が寄せられました。

・最初はよくあること。気を落とさないで!

・なんて可愛いカップル。きっとすぐに親になれるよ!

・次は上手くいくはず!がんばれロミオ。

初デートで結ばれなかったロミオとジュリエットですが、研究者によると「練習すれば解決する問題」とのこと。同博物館では今後も2匹を同じ水槽で飼い、恋を見守っていくそうです。

長く孤独に生きてきたロミオが、近いうちにたくさんの家族に恵まれるといいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Global Wildlife ConservationBusiness Insider

Share Tweet LINE コメント

page
top