grape [グレイプ]

クイーン+アダム・ランバートの日本公演決定 過去のライブ映像に期待が高まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年に公開され、世界中で大ヒットを記録した映画『ボヘミアン・ラプソディ』。

世界的ロックバンド『クイーン』ボーカリスト、故フレディ・マーキュリーの生き様を描いた同作は、再びクイーン旋風を巻き起こすきっかけにもなりました。

公開から半年近く経ったいまもその熱は収まらず、2020年1月にはヴォーカルにアメリカ人歌手のアダム・ランバートを迎えた『クイーン+アダム・ランバート』のライブが、日本で行われます。

2014年には、夏の大型音楽フェスティバルにも出演している『クイーン+アダム・ランバート』。『第91回アカデミー賞』の授賞式でもパフォーマンスを行い、会場を熱狂させました。

クイーン+アダム・ランバートのライブ映像

2020年のライブへの期待も高まる、彼らのパフォーマンス映像はYouTube上でも多数公開されています。

Somebody To Love

Don't Stop Me Now

We Will Rock You & We Are The Champions

2020年の日本公演にともない、メンバーのコメントがオフィシャルサイトで公開されています。

アダム・ランバート 「前回の来日以来、早くまた日本に行きたい!と切望するくらい日本にはたくさんの良い思い出があるんだ。1月には全く新しいステージをみんなに観てもらいに戻るからね!」

ロジャー・テイラー 「日本はクイーンにとって、いつでも特別な国。その日本にまた戻り、最新のツアーが出来るのが待ち遠しいです。」

ブライアン・メイ 「日本とクイーンの繋がりは、ある意味 伝説とも言えます。時が経つほどその想いは強くなっている上に、映画 『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での成功は、類をみない強い結びつきを私たちに感じさせます。今から約50年前、最初に私たちを認めてくれた国 日本に、2020年1月にまた戻れることはとても感慨深いです。スバラシイデス!」

QUEEN + ADAM LAMBERT ーより引用

発表されるやいなや、大きな話題を呼び、早くもチケット争奪戦が予想される、『クイーン+アダム・ランバート』の日本公演。

約3年4か月ぶりの来日となる『クイーン+アダム・ランバート』のライブに、いまから期待が高まります!


[文・構成/grape編集部]

出典
QUEEN + ADAM LAMBERT

Share Tweet LINE コメント

page
top