grape [グレイプ]

QUEEN旋風再び? 『ボヘミアン・ラプソディ』の声だし可能上映が、野外で開催

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

再びQUEEN旋風を巻き起こすきっかけとなった、2018年公開の映画『ボヘミアン・ラプソディ』。

『QUEEN(以下、クイーン)』のヴォーカリストである、フレディ・マーキュリーの生き様を描いた同作は、『第91回アカデミー賞』で最多4冠を受賞し、名実ともに2018年を代表する1作となりました。

また、同作の終盤のライブシーンは、圧巻のひと言!観客の心が1つになる、熱気あふれるライブシーンは、同作の見どころの1つでもあります。

そして2019年8月18日、あのライブシーンを身体全体で楽しめるイベントが開催されます。

『ボヘミアン・ラプソディ』無料野外上映会が決定

2019年で2回目を迎える『江戸まち たいとう芸楽祭』では、オープニングイベントとして『ボヘミアン・ラプソディ』の無料上映会を行います。

会場は、上野恩賜公園・噴水前広場。観客が声を出して作品を楽しめる『応援上映』形式のため、ライブシーンでは歌うもよし、ライブさながらに踊るもよし、楽しみかたは人それぞれです。

なお、野外上映最大級のスクリーンにて『ボヘミアン・ラプソディ』の無料上映会が行われるのは、東京23区では初。

自然あふれる会場で、身体いっぱいにクイーンの音を感じられるまたとない機会を、どうか見逃さないでください!

野外上映会『ボヘミアン・ラプソディ』(日本語吹き替え版)

日時:2019年8月18日(日)/18時〜(本編上映は19時〜)

場所:上野恩賜公園 噴水前広場

公式ウェブサイト:江戸まち たいとう芸術祭


[文・構成/grape編集部]

出典
江戸まち たいとう芸楽祭

Share Tweet LINE コメント

page
top