grape [グレイプ]

『ジャニーズ圧力問題』に加藤浩次が勇気ある発言 「よく言ってくれた!」の声が続出

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年7月17日、ジャニーズ事務所が元『SMAP』のメンバー3人をTVに出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会が注意をしていたことが明らかになりました。

『SMAP』は2016年いっぱいで解散し、稲垣吾郎さんと草なぎ剛さん、香取慎吾さんがジャニーズ事務所から独立しました。

同日、ジャニーズ事務所はウェブサイトで声明を発表。「圧力をかけた事実はなく、公正取引委員会から警告を受けたものでもない。調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したい」と伝えました。

『ジャニーズ事務所圧力疑惑』に対する、加藤浩次のコメントに称賛の声

同月18日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、今回の騒動について特集。

概要をVTRで振り返った後、MCの加藤浩次さんは真剣な表情でこのように述べました。

うーん、まあこれに関してね。今回の場合は違法性はなかったというふうに、公正取引委員会はこう決めたと。で、注意にとどまったということなんですけど。

まあ、この問題って言うのは注意にとどまったということで…「これで終わるのか」と思うと思うんですけど。まず僕はね、ジャニーズ事務所に限らず、みなさんもう周知なんですよ。

大手の事務所を独立したタレントは何年かTVに出れなくなるっていうのは、僕はTV見てるかたも気付いてはいると思う。

僕らもそういう仕事、こういう仕事をさせてもらって、そういうのは暗黙にあるっていうのは分かってる。

それは、じゃあ何十年前から決まってきた芸能界の歴史、TVの歴史の中で、当たり前のように扱ってるんですけど、「いまの時代で考えたらちょっともうおかしいんじゃないか」と思う部分も実際ある。

その部分っていうのは、これTVでもそうですし、事務所関係、この業界全体がこれから新しく変わってく、次に向かってくんだという、これ何かのきっかけになればいいなと僕は思っていますけどね。

スッキリ ーより引用

芸能人の事務所の移籍によるトラブルが独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、芸能事務所が注意を受けるのは初めてのこと。

今回の件はジャニーズ事務所に限らず、芸能界全体の問題として加藤さんはとらえ、「芸能界全体を変えなければならない」と訴えました。

また、番組内でこの件についてコメントしたのは加藤さんだけでした。

・本当にそれ!「大手事務所から独立したらTVに出られない」なんて暗黙のルールはやめてほしい。

・核心に迫りつつ、誰も傷付けていない。コメンテーターとして完璧な仕事だと思った。

・まさに『スッキリ』でした。いいにくいことをハッキリといってくれて、ありがとう!

・この問題に一切触れない番組も多い中、加藤さんは勇気あると思った。

加藤さんがこうして番組でコメントをすることは、業界の『圧力』への抵抗でもあったのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top