grape [グレイプ]

駐車違反をした人たちがキャットフードを持って警察へ その理由が優しすぎた

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@MunciePolice

アメリカ・インディアナ州のマンシー市警察が駐車違反者に呼びかけたある試みによって、何の違反もしていない人たちまでもが『罰金』を払いに来るという事態が起きました。

そのきっかけとなったマンシー市警察のTwitter投稿がこちらです。

駐車違反の罰金をキャットフードで払おう!

7月19日金曜日午後4時まで駐車違反の罰金をキャットフードや猫用トイレで支払うことを認めます。

罰金と同額分のキャットフードを寄付してください。マンシー動物保護シェルター(ACS)で保護猫が増えすぎて困っています。

猫たちを助けたいのです!

駐禁の罰金で猫たちを助けよう!

海外メディア『CNN』によると、マンシー市の動物保護シェルターで保護猫が350匹を超えてしまい、エサやトイレ用の砂などが足りなくなってしまったのです。

そのことを知ったマンシー市警察が猫たちを助けたい一心で、駐車違反者に異例のキャンペーンを行いました。

するとこの試みが大反響!駐車違反をした人たちが次々とキャットフードや猫用トイレ砂を持って現れ、4日間のキャンペーンの後、空っぽだった部屋はキャットフードの山となりました。

駐車違反の切符と一緒にキャットフードを持ってくる人もいましたが、実はほとんどは違反をしていない人たちだったのだそう。猫たちが必要としていることを知り、ただ善意で寄付をしてくれたのです。

シェルターのスタッフは『CNN』に「メンシ―市警察と寄付してくれた地域の人たちに本当に感謝しています。この反響の大きさに圧倒されました」と語っています。

駐車違反をした人にとって罰金を支払うのは義務ですが、そのお金で猫たちが救われると思えば、気持ちよく支払うことができたのではないでしょうか。

このキャンペーンは警察と動物保護施設という違う業種、さらに地域の人たちが協力し合って動物たちを助けるという、心温まる成功例になりました。

たっぷりのごはんと清潔なトイレが確保された保護猫たちに、早く優しい里親が見つかるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@MunciePoliceCNN

Share Tweet LINE コメント

page
top