grape [グレイプ]

「お礼は、卒業式で言えると思った」 部活の顧問との別れを経験した生徒たち

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

友達から感謝された時、ヤチナツさんはみんなの想いを背負って弔辞を読んでいたことに気が付きました。

それから卒業までの間、ヤチナツさんたちは思い出を胸の中で振り返りながら、ゆっくりと時間をかけて川本先生とのお別れを受け入れていきました。

最後には、「美術部だいすき!先生だいすき」などのメッセージを部室に残し、みんな明るい笑顔で卒業することができたのです。

一連のエピソードに、読者からは「泣ける…」「高校時代を思い出しました」などのコメントが寄せられました。

さまざまな出会いと別れを経験する青春。胸の痛みも温かさも、大切な宝物だといえるでしょう。

ヤチナツさんは、漫画作品の通販もしています。興味を持った人は、こちらもご覧ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@11yc4

Share Tweet LINE コメント

page
top