grape [グレイプ] entertainment

無観客で『卒業生へのスピーチ』を行ったROLAND その内容に、絶賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年3月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大を受けて、多くの小中高校が臨時休校を余儀なくされています。

その影響により、卒業式の規模が縮小したり、中止や延期になったりした結果、卒業生からは「悲しい」といったショックの声も上がりました。

同月10日に、『現代ホスト界の帝王』と称される実業家のROLANDさんが、YouTubeに動画を投稿。その内容に、感動する人が相次いでいます。

ROLANDからすべての卒業生へメッセージ

専門学校『バンタンデザイン研究所』の卒業式でスピーチをする予定だったROLANDさん。

コロナウイルスの影響で、当日はほぼ無観客の会場に立ってスピーチし、その様子をネット配信することになりました。

がらんとした会場で、ROLANDさんは何を想い、どんな風に言葉を贈ったのでしょう。スピーチを撮影した動画がこちらです。

スピーチの冒頭で、ROLANDさんは、かつて「前例のないホストの帝王になりたい」という夢を語った際に、周囲の人から笑われたエピソードを明かします。

そのうえで「笑われるぐらいの夢のほうが、叶える価値がある」「前例がないなら、作ればいい」と力強く宣言。

さらに、ROLANDさんは、自身の経験をふまえて『才能』という言葉について持論を述べました。

才能のないこともね、1個の才能なんだよっていうことをね、みなさんにお伝えしたいです。

僕はね、あまり才能のある人間ではないんですよ。恥ずかしながら、そんな優れた知識もなければ特技もなくて、そんなに才能がない人間で、18歳からこの仕事を始めたんですけれども、最初の1年間はまったく売れなくて。

THE ROLAND SHOW【公式】 ーより引用

ROLANDさんは、「才能がないからこそ仕事と向き合えるようになって、試行錯誤できた」と振り返ります。そのうえで、動画を見ている人に対し、次のようなエールを送りました。

みなさまには、もちろん早くから成功してほしいですし、早くから仕事がうまくいくことを望んでいますけれども、もし仮にね、「なかなかうまくいかないな」とか、「なかなか芽が出ないな」ってそういう風に思ったら、才能がないのも1個の才能だと。

才能がないからこそ仕事に対して向き合える。そう考えたら、ポジティブに考えられるじゃないですか。

だからね、新しい世界で大人になって、社会に出て、「うまくいかないな」とか「自分は才能ないな」って思ったら、ぜひともね、そういう風に考えて、とことん仕事に向き合ってください。

数年後もしかしたら「ああ才能なくてよかったな、逆に」って思える日がくるかもしれません。

THE ROLAND SHOW【公式】 ーより引用

ROLANDさんは、スピーチの動画を「今年卒業式が開催できず、さびしい思いをしたすべての卒業生たちへ」という文章を添えて、Twitterに投稿。

ネット上では、ROLANDさんのコメントに対し、称賛の声が上がっています。

・「才能がないのも1個の才能」って、最高の名言だと思います。

・ありがとうございます。素敵な卒業のエールをもらえた気がします。

・社会人になってずい分経つけれど、泣けました。

社会人になると、学生時代とはまったく違う環境で、さまざまな体験をすることになります。

そこでは自分のスキルに落ち込んだり、つらい思いをしたりすることもあるでしょう。

ROLANDさんの「才能がないからこそ仕事に向き合える」という力強いエールは、卒業生だけでなく、すべての社会人にとって、背中を押す言葉になりそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
【ローランド】卒業生のいない卒業スピーチ「才能が無いことも、1個の才能」@バンタン専門校 | 現代ホスト界の帝王ROLAND@roland_0fficial

Share Tweet LINE コメント

page
top