grape [グレイプ]

「知らなかった」「つらすぎる」 庄司智春の兄が学校で亡くなった話に反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年7月9日放送のトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ『品川庄司』の庄司智春さんが出演。

司会の黒柳徹子さんに読み上げられた、母親からの手紙の内容に驚く声が上がっています。

庄司智春の兄の身に起きた、夏休みの悲劇

アイドルグループ『モーニング娘。』の元メンバーである藤本美貴さんと結婚し、3人の子供に恵まれた庄司さん。

子育てのエピソードに続いて、お笑いの道に進んだ経緯を黒柳さんに話しました。

番組の終盤になると、徹子さんは庄司さんの母親から預かった手紙を代読。感謝の言葉とともに書かれていたこととは…。

智ちゃんへ

今日はいつもは口に出せない感謝の言葉を伝えたいと思います。

智ちゃんが大好きだったお兄ちゃんがたった11歳で亡くなり、家の中が暗くなった時は、末っ子のあなたがいつも家族を笑わせようとしてくれていましたね。

そしてもうひとつ。私たち夫婦が海外旅行に行ったことがなかったので、結婚式をハワイで挙げてくれましたね。

本当に楽しかったです。嬉しかったですよ。

美貴ちゃんにも感謝ですね。

とにかく、病気せずに元気でいてください。

母、久美恵より

徹子の部屋 ーより引用

手紙につづられていたのは、庄司さんが小学4年生の時に起こった悲劇。小学6年生だった兄が夏休みに学校のプールで倒れ、亡くなったことについて触れていました。

手紙の内容に耳を傾け、「明るくしようとテンションを上げていた感じはある」と当時を振り返った庄司さん。お笑いタレントになったルーツには、きっと兄の影響もあるのでしょう。

また、庄司さんは「この世界に入る時もたぶん、両親的にはあんまり賛成ではなかったと思うんですけど、やっぱり兄が若い時に亡くなっているんで、好きなようにいかしてあげたいなという想いはあったのではないか」と語りました。

【ネットの声】

・まったく知らなかった。幼少期からつらい思いをされて大変だったと思う。

・自分もどん底の気分だったろうに…人のために振る舞える人って素敵。

・強い人ですね。応援したくなりました。

家族を亡くした心の傷は、いつまでも痛み続けます。もしかしたら、心に傷がつく前と同じ状態まで癒えることはないのかもしれません。

しかし、失った時の痛みを知るからこそ、『大切な人たちとともに過ごす時間の尊さ』を理解できるということも。

愛妻家で知られる庄司さんの家族愛の深さに、多くの人が納得しました。


[文・構成/grape編集部]

出典
徹子の部屋

Share Tweet LINE コメント

page
top