grape [グレイプ]

「ありがとう」の声 熊本出身のスザンヌ 被災した地元のために?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

九州地方を中心に、甚大な被害をもたらした『令和2年7月豪雨』。多くの人々の命が失われただけでなく、家屋の冠水、道路の崩壊や、それにともなう断水など、今も被害は広がっています。

2020年7月10日、熊本県出身のスザンヌさんは、今回の豪雨により被災した地元への寄付をInstagram上で発表。

自身がクリエイティブディレクターを務めるシューズブランド『セレンセクール』の売上金100万円に加え、スザンヌさん個人としての寄付金を熊本県南部の集中豪雨災害支援に充てるとのことです。

集中豪雨によって亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、今も被害を受けている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。



わたしが住んでいる熊本県の県南部も集中豪雨によって多大な被害を受けていて非常に胸が痛いです。



その中、セレンセクールの売上の一部は熊本城復興に充てる予定でしたが、運営者のロコンド様とも相談し今年は熊本集中豪雨の災害支援に寄付させて頂く事に致しました。



セレンセクールからの100万円とわたし個人の寄付金を、熊本県南部の集中豪雨災害支援に充てさせて頂きます。



使い道に関してですが、
先日、MAN WITH A MISSIONの被災支援プロジェクト「#サポウィズ 」様と相談させてもらいました。



サポウィズのスタッフ様には熊本地震のときもすぐに駆けつけてくださり、
今も人吉市の現場最前線で活動されていて、わたしが信頼している支援団体さんです。



現地の状況は刻々と変わっているようなので、
サポウィズ様と連携し、相談しながら災害支援のために本当に必要なものをお届けしたいと思います。



使い道に関してはまた改めてセレンセクールのHP上や、SNSなどで公表させて頂きます。



#サポウィズ のHPでは皆さまからの募金も受付中との事なので、もし宜しければご覧下さい。



熊本が1日でも早く元気になりますように。



2020年7月10日



セレンセクール
クリエイティブディレクター
スザンヌ

suzanneeee1028 ーより引用

以前からバラエティ番組などで、地元・熊本県をアピールしてきたスザンヌさん。その地元愛は誰もが知るところでしょう。

今回のスザンヌさんの寄付に対して「ありがとう」と感謝の声とともに「自分も微力ながら力になりたい」との声も寄せられるなど、支援の輪が広がりつつあるのを感じます。

被害を受けた地域が、1日も早く元の生活に戻れるよう、私たちもできることから少しずつ支援に協力していきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
suzanneeee1028

Share Tweet LINE コメント

page
top